経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「化審法施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました

本件の概要

本日、「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、閣議決定されました。
本政令は、塩素数が2であるポリ塩化ナフタレン及びペンタクロロフェノール又はその塩若しくはエステルを第一種特定化学物質に指定するとともに、当該物質が使用されている場合に輸入することができない製品の指定を行うものです。

1.改正政令の概要

化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(以下「化審法」という。)に規定された第一種特定化学物質(注1)として、塩素数が2であるポリ塩化ナフタレン及びペンタクロロフェノール又はその塩若しくはエステルを追加指定します(化審法施行令第1条)。
これにより、当該物質に対しては、製造・輸入の許可制等の措置が講じられます。

また、当該物質が使用されている場合に輸入することができない製品として、以下の製品を指定します(化審法施行令第7条)。

塩素数が2であるポリ塩化ナフタレンが使用されている場合に輸入することができない製品

  1. 潤滑油及び切削油
  2. 木材用の防腐剤、防虫剤及びかび防止剤
  3. 塗料(防腐用、防虫用又はかび防止用のものに限る。)

ペンタクロロフェノール又はその塩若しくはエステルが使用されている場合に輸入することができない製品

  1. 木材用の防腐剤、防虫剤及びかび防止剤
  2. 防腐木材、防虫木材及びかび防止木材
  3. 防腐合板、防虫合板及びかび防止合板
  4. にかわ

2.今後のスケジュール

公布 平成28年3月2日(予定)
施行 

  1. 塩素数が2であるポリ塩化ナフタレン及びペンタクロロフェノール又はその塩若しくはエステルの第一種特定化学物質の指定については、平成28年4月1日
  2. 塩素数が2であるポリ塩化ナフタレン及びペンタクロロフェノール又はその塩若しくはエステルが使用されている場合に輸入することができない製品の指定については、平成28年10月1日

(注1)第一種特定化学物質は、難分解性、高蓄積性及び人又は高次捕食動物への長期毒性を有する化学物質です。当該物質については、製造及び輸入の許可(原則禁止)、使用の制限、政令指定製品の輸入禁止等が規定されております。
 

担当

製造産業局化学物質管理課化学物質安全室

公表日

平成28年2月26日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.