経済産業省
文字サイズ変更

東京電力株式会社の会社分割について、電気事業法に基づき認可しました

本件の概要

平成28年3月4日に、東京電力からありました改正電気事業法に基づく会社分割に係る申請について、このたび申請のとおり認可しました。

1.背景

東京電力は、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法に基づき策定した、「新・総合特別事業計画(平成26年1月政府認定)」において、電力システム改革を先取りし企業価値を高め福島の再生の加速につなげるべく、「発電」、「送配電」、「小売」の各事業に対するライセンス制が導入される本年4月1日に会社分割を行い、ホールディングカンパニー制に移行することとしていました。

2.本会社分割の概要

東京電力は、「燃料火力事業」「送配電事業」「小売事業」を分割し子会社としたうえで、親会社は、本社機能とともに原子力・水力の事業を担うこととなります。
今回の会社分割は、電力システム改革の総仕上げである2020年の発送電分離を先取りした取組であり、競争の中で企業価値を高めることにより、福島の再生の加速につなげるものです。
今後、東京電力は、「賠償・廃炉・安定供給」の責任を貫徹するとともに、競争の中で収益基盤を確保することで、グループ全体として、新・総合特別事業計画に定めた「責任と競争」の両立を果たし、福島原子力事故の責任を全うしていくこととなります。

 【会社分割後の東京電力】
 
 

担当

資源エネルギー庁電力・ガス事業部 政策課
電力市場整備室

公表日

平成28年3月29日(火)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.