経済産業省
文字サイズ変更

福島浜通りロボット実証区域での実証技術の公募を開始します

本件の概要

先般取りまとめた「ロボット新戦略」において盛り込まれました、災害対応ロボット等の実証フィールド「福島浜通りロボット実証区域」について、この度正式に、同実証区域事務局を設置するとともに、実証実験を実施するロボット技術の公募を開始いたしました。

1. 背景

ロボット技術は、生産現場、医療・介護現場、農業・建設・インフラの作業現場などの幅広い分野で活躍できる可能性を有しています。
特に、災害対応やインフラ点検等、主に屋外で使用されるフィールドロボット技術は、その活用が期待される一方、技術的には未だ発展途上であり、ロボット技術の開発・実証・実用化を加速するための拠点(実証フィールド)の必要性が叫ばれています。
こうした中、ロボット技術の活用による新たな産業革命の実現を目指して「ロボット革命実現会議」(平成26 年9 月から平成27 年1 月、計6 回開催)が設置され、そこで議論されたアクションプランが「ロボット新戦略」として取りまとめられました。
この中で、ロボットの開発現場と活用現場の橋渡しとなる実証実験フィールド整備の重要性が指摘され、具体策の一つとして「福島浜通りロボット実証区域」を設置することが盛り込まれました。
この度、福島県及び経済産業省・内閣府が共同で「福島浜通りロボット実証区域」事務局の窓口を正式に福島県に設置するとともに、実証実験を実施するロボット技術の公募を開始いたしましたのでお知らせします。

2.福島浜通りロボット実証区域について

フィールドロボットを中心とした実用化の動きを加速化するため、本事業では、現在、災害対応ロボットやインフラ点検用ロボットの研究開発を行っている企業、大学、研究機関等の事業者に対して、福島県内の橋梁、トンネル、ダム・河川、その他山野等オープンスペースを、実証実験の場として提供します。
山野等屋外のオープンスペースにおいて、災害対応のための飛行ロボットや土砂採取ロボット等の動作検証を実施するエリアや、橋梁・トンネル・ダム・河川など公共インフラを点検するロボットの動作検証を実施する実際の施設等を提供することで、ロボットの研究開発の促進と実用化を支援します。

3.公募要領

福島浜通り地域でのロボット実証の実施を希望するロボット開発企業、大学・研究機関などを本日4 月1 日より下記の要領で公募いたします。
・公募期間:平成 27 年4 月1 日~平成27 年5 月30 日(第1 期)
※マッチング・実証実験は4 月1 日より先着順にて随時実施いたします。また、公募第1 期は5 月30 日までとなりますが、第2 期も随時公募予定です。
・ 公募対象:福島県内の橋、トンネル、ダム・河川、オープンスペース(山野、工業団地等)でロボット実証実験を希望する企業、大学、研究機関等

4. 応募方法

別添および下記福島県Web ページで公開する申請様式にご記入いただき、下記提出先までお送りください。(本事業公式Web サイトは別途5 月ごろ一般公開予定。)
・ 福島県 Web ページ:
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/roboto-jissyou-koubo.html
・ 問い合わせ・申請書提出先: robot-hamadori@meti.go.jp
(福島県問い合わせ先)
福島県 企画調整課長 安齋 浩記、産業創出課長 林 千鶴雄
(企画調整課) 024-521-7129(直通)
(産業創出課) 024-521-7283(直通)
(内閣府問い合わせ先)
内閣府 原子力災害対策本部 原子力被災者生活支援チーム
担当者: 豊田、向井
電 話: 03-5545-7496

担当

経済産業省製造産業局 産業機械課

公表日

平成27年4月1日(水)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.