経済産業省
文字サイズ変更

電力広域的運営推進機関が発足しました~地域を越え、より効率的に電気のやりとりができるようになります~

本件の概要

電気事業法の一部を改正する法律(第1弾)に基づき、本日、「電力広域的運営推進機関」が発足しました。
これまで、原則として地域ごとに行われていた電力需給の管理を、地域を越えてより効率的にやり取りすることで、安定的な電力需給体制を強化します。

低廉で安定的な電力供給は、国民生活を支える基盤です。経済産業省では、東日本大震災以降、我が国が直面しているエネルギー制約を克服し、低廉かつ安定的な電力供給を一層進めていくため、電力システム改革に取り組んでいます。

この改革の第一弾として、一昨年に成立した電気事業法の一部を改正する法律(平成25 年法律第74 号)に基づき、昨年8月に設立の認可が行われ、本日、電力広域的運営推進機関が発足しました。

本機関は、東日本大震災の影響による計画停電等を踏まえ、電源の広域的な活用に必要な送配電網の整備を進めるとともに、全国大で平常時や緊急時の電力需給の調整機能の強化を図ります。

担当

資源エネルギー庁 電力・ガス事業部
電力需給・流通政策室

公表日

平成27年4月1日(水)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.