経済産業省
文字サイズ変更

SS過疎市町村数(平成26年度末現在)をとりまとめました

本件の概要

サービスステーション(SS)の数が3カ所以下の市町村数について、平成27年3月31日時点の情報の集計が完了しましたので公表いたします。

全国のサービスステーション(SS)数は、ガソリン需要の減少、後継者難等により減少し続けています。これに伴い市町村内のSS数が3カ所以下の地域も増加しています。

本調査での「SS過疎市町村」は、市町村内のSS数が3カ所以下の地域としており、SS過疎市町村数は昨年度より18市町村増えて283市町村となりました。
 

SS過疎市町村数の推移
  平成24年度末 平成25年度末 平成26年度末
0カ所 10
1カ所 60 63 66
2カ所 81 81 96
3カ所 109 113 111
合計 257市町村
 
265市町村
(+8市町村)
283市町村
(+18市町村)

資源エネルギー庁は、地域のコミュニティに不可欠な燃料供給機能を担うSSを整備・維持していくため、過疎地域においてSS事業者と地方公共団体とが連携した場合に、地下タンクの更新に対する補助率の引き上げ等を行うなど、対応メニューの充実を図っています。

また、本年3月には、石油業界と資源エネルギー庁が、新たに「SS過疎地対策協議会」を設置し、地域における安定的な石油製品の供給体制構築のための助言、サポート等を行うこととしています。

担当

資源エネルギー庁 石油流通課

公表日

平成27年4月14日(火)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.