経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

特許出願情報や審査情報の一括提供が開始されます

本件の概要

日米欧中韓の五大特許庁(五庁)では、五庁の特許出願情報や審査情報を世界中の一般ユーザに一括提供するサービスの実現に向け協力を進めてきました。4月15日には、日欧中韓の四庁の特許出願・審査情報の一括提供を開始し、6月には五庁の情報の一括提供が開始される予定です。
これにより、世界中の一般ユーザが日本の特許出願・審査情報を他庁の情報と一括して取得できるようになり、グローバルになされる特許出願の効率的な管理や、出願戦略の構築に役立てられることが期待されます。

 1.背景

企業活動のグローバル化に伴い、一つの発明が、世界の複数の国や地域に特許出願がされています。世界の特許出願件数は平成16年の157.5万件から平成25年の256.8万件へと増加(6割増)し、うち8割(207.8万件(平成25年))が日米欧中韓の五大特許庁(五庁)に出願されています。

これを受け、複数の国や地域へ特許出願がなされた同一発明について、各国審査官がワークシェアリングすることにより、重複サーチ、重複審査が排除されるよう、日本国特許庁の主導の下で各国の特許出願・審査情報(ドシエ情報)を各国審査官が相互に参照することができるシステム整備の協力を進めてきました(別紙1)。 

平成18年には、日米欧三極特許庁で相互にドシエ情報を参照できるシステムを構築し、さらに平成25年には、五庁の中の複数庁に出願された同一発明のドシエ情報を一括して参照することができるITサービス「ワン・ポータル・ドシエ(OPD)」を五庁審査官が共有しました。

そして、五庁では、審査官の間で共有している「ワン・ポータル・ドシエ(OPD)」を、世界中の一般ユーザに提供ができるよう協力を進めてきました。

2.五庁の特許出願・審査情報の一括提供サービス

4月15日から、日欧中韓の四庁の特許出願・審査情報(ドシエ情報)が一括して提供されます。そして、6月には、米国のドシエ情報が加わり、五庁のドシエ情報が一括提供される予定です。
これを利用することにより、一般ユーザが日本のドシエ情報と、他庁での同一発明に対するドシエ情報とを一括して参照できるようになり、グローバルになされる特許出願の効率的な管理や出願戦略の構築に役立てられることが期待されます。

各国の特許出願・審査情報提供ページ
http://www.jpo.go.jp/torikumi/kokusai/kokusai2/godai_patent_user.htm

担当

特許庁情報技術統括室

公表日

平成27年4月14日(火)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.