経済産業省
文字サイズ変更

第4回日露省エネルギー・再生可能エネルギー共同委員会を開催しました

本件の概要

日本・ロシア両国政府は、4月23日(木)、極東連邦大学(ロシア連邦ウラジオストク)において、両国産業界の参加の下、両国の省エネルギー・再生可能エネルギー分野における政策の共有や、産業界による具体的な協力を推進するため、第4回省エネルギー及び再生可能エネルギーに関する日露共同委員会を開催しました。
本共同委員会では、NEDOによるロシアにおける省エネ・再エネ分野における実証事業をはじめとした両国共同事業の進捗の確認や、我が国民間企業が強みを有する熱電併給技術、スマートグリッド、地熱発電などの省エネ・再エネ分野の取り組みを紹介し、特に極東地域における日露間での協力事業の可能性などが議論されました。

1.省エネルギー・再生可能エネルギーに関する日露共同委員会の概要

省エネルギー・再生可能エネルギーに関する日露共同委員会は、2009年に日本とロシアの間で合意された「省エネルギー及び再生可能エネルギーの分野における協力に関する日本国経済産業省とロシア連邦エネルギー省との間の覚書」に基づき、政府間での省エネ・再エネ分野における政策の共有や、産業界における省エネ・再エネの具体的な協力を推進するため、これまで3回開催しています(第1回は2010年3月東京、第2回は2010年7月モスクワ、第3回は2013年9月東京)。

省エネ・再エネ分野における日露間の協力を継続するとともに、更なる協力強化を目指して、この度、4月23日(木)、極東連邦大学(ロシア連邦ウラジオストク)にて、第4回共同委員会を開催しました。

本共同委員会では、主に以下の事項について議論を実施しました。
(1)国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO: New Energy and Industrial Technology Development Organization)による実証事業などの日露共同事業の進捗及び今後の取組について
(2)ロシア連邦極東地域における課題、及び省エネ・再エネ技術による解決のための具体的な協力可能性について
(3)日本企業の有する熱電併給(コジェネレーション)技術、スマートグリッド技術、地熱発電技術等による日露間での事業組成の可能性

両国は、第5回省エネルギー・再生可能エネルギー日露共同委員会を、2016年に日本にて開催することを確認しました。

2.主な参加メンバー .主な参加メンバー .主な参加メンバー

日本側
政府・関係機関
 経済産業省資源エネルギー庁産業省・新エネルギー部政策課国際室
 在ロシア連邦日本国大使館
 在ウラジオストク日本国総領事館
 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合機構 等

産業界
 株式会社 WINPRO
 株式会社京三製作所
 株式会社駒井ハルテック
 住友商事株式会社 (世界省エネルギー等ビジネス推進協議会官民連携WG)
 他 8社

ロシア側
政府・関係機関
 エネルギー省
 サハ共和国政府
 沿海地方政府 等

産業界
 ラオ ES ヴォストーク (RAO ES Vostoka)
 ロゼ ッティ (RossetiRosseti )
 極東連邦大学 他

担当

資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部
政策課 国際室

公表日

平成27年5月7日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.