経済産業省
文字サイズ変更

「攻めのIT経営銘柄」選定企業の発表会を開催します!

本件の概要

経済産業省は、我が国企業の戦略的IT利活用の促進に向けた取組の一環として、東京証券取引所と共同で、「攻めのIT経営銘柄」を選定しました。
平成27年5月26日(火)に「攻めのIT経営銘柄」の発表会を開催し、銘柄に選定された企業を公表します。
また、発表会においては、企業価値の向上と「攻めのIT活用」に関し、一橋大学特任教授の伊藤邦雄様により講演をいただきます。

1.「攻めのIT経営銘柄」について

全上場会社の中から、収益拡大や事業革新等のための積極的なITの投資や活用を実施する「攻めのIT経営」に取り組む企業を選定し、公表します。本取組を通じ、我が国において必ずしも十分に進んでいない、収益力や生産性向上を目的とした戦略的なITの利活用が促進され、また投資家の理解が進むことが期待されます。

2.「攻めのIT経営銘柄」発表会

  • 日時:平成27年5月26日(火) 16:00~17:20(受付:15:30~)
  • 場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1−3−7 日経ビル3階)
  • 主催:経済産業省 及び 東京証券取引所
  • 参加対象者:プレス関係者、一般参加者
    参加費:無料
※一般参加定員は200名(事前応募制・募集定員を超える応募があった場合は抽選を予定)

【プログラム】
  • 主催者挨拶
  • 「攻めのIT経営銘柄」概要説明
  • 「攻めのIT経営銘柄」発表
  • フォトセッション
  • 基調講演 伊藤邦雄(一橋大学大学院商学研究科特任教授 CFO教育研究センター長)
※プログラムの内容は予告なく変更になる場合がございます。

【参加申込方法】

3.攻めのIT経営銘柄」選定に係る調査結果

今回、「攻めのIT経営銘柄」の選定にあたり実施した調査においては、企業の収益力とIT利活用との関係について、いくつかの特徴が見出されました。
例えば、今回調査に回答いただいた企業のうち、ROEが各業種の平均ROEの値を上回る、いわゆる高ROE企業においては、特に「事業革新のためのIT活用」について注力しているという特徴があります。 具体的には「事業革新のためのIT活用」の取組の開始から5年以上が経過している企業の割合が6割を超えているとの結果が得られました。 他社に先駆けいち早く戦略的に「攻めのIT経営」を開始している企業の収益力の高さをうかがうことができます。
「攻めのIT経営銘柄」の発表会におきましては、今回の取組に係る調査により得られた結果等についてもあわせてご紹介します。

担当

経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課

公表日

平成27年5月15日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.