経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「質の高いインフラパートナーシップ」を公表しました

本件の概要

本日、東京都内で開催された「第21回国際交流会議 アジアの未来」において、「質の高いインフラパートナーシップ」を安倍総理より発表しました。
アジア地域の膨大なインフラ需要に応えるため、機能を強化したアジア開発銀行(ADB)と連携し、今後5年間で従来の約30%増となる約1,100億ドルの「質の高いインフラ投資」をアジア地域に提供していきます。

1.概要

東南アジア、南西アジアひいては中央アジアに至るまで、アジア地域が潜在力を開花させ、21世紀の世界経済をけん引する成長センターとなるには、膨大なインフラ整備と、そのための莫大な資金が必要です。
そのため、機能を強化したADBと連携し、今後5年間で従来の約30%増となる約1,100億ドルの「質の高いインフラ投資」をアジア地域に提供していきます。
これが触媒となり、世界中からアジア地域に対し、民間の更なる資金とノウハウが流れ込み、質・量ともに十分なインフラ投資が実現することを目指します。

2.「質の高いインフラパートナーシップ」を支える4本柱

  1. 日本の経済協力ツールを総動員した支援量の拡大・迅速化
  2. 日本とADBのコラボレーション
  3. JBICの機能強化等によるリスク・マネーの供給倍増
  4. 「質の高いインフラ投資」の国際スタンダードとしての定着

担当

貿易経済協力局通商金融・経済協力課

公表日

平成27年5月21日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.