経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

インフラ輸出等を通じたエネルギー産業の国際展開を推進する「Enevolution」イニシアティブを立ち上げました

本件の概要

我が国が有する豊富なエネルギー政策立案の経験や全分野での優れた技術を総動員し、アジアなど新興国のニーズに応じて、エネルギー問題の包括的な解決策をワンストップで提供する「Enevolution」イニシアティブを立ち上げました。

1. 背景・目的

東南アジア等新興国では今後20年でエネルギー需要が8割増加し、エネルギー輸入依存度が高まる中、エネルギー安定供給の確保に必要なインフラ需要は1兆ドルと見込まれます。
これらの国々ではエネルギー戦略や国家規模のエネルギーインフラ計画が策定されつつあり、これに対応したインフラ整備支援が期待されています。
先日21日に安倍総理より発表された「質の高いインフラパートナーシップ」を活用しつつ、高効率で信頼性の高いエネルギーインフラの整備を進め、アジアの人々の「生活の質」の改善を目指します。

2. 概要

「Enevolution」(エネボルーション)は、我が国が有する豊富なエネルギー政策立案の経験や全分野での優れた技術を総動員する新たなイニシアティブです。
アジアなど新興国のニーズに応じ、エネルギー戦略や政策づくり、インフラプロジェクトへの参画、人的・資金的支援ツールの提供などを組み合わせ、包括的な解決策をワンストップで提供していきます。
このため、資源エネルギー庁内に新たに「エネルギー産業国際展開推進室」を設置しました。
■具体的な取組は、以下のとおりです。

  1. 主要なエネルギー新興国等と官民一体の政策対話を実施。
  2. 産業界のみならず国際開発金融機関等と一層連携し、徹底的な案件発掘と支援のパッケージ化を促進。
  3. エネルギー分野の「インフラの質」の向上に向けた国際的制度の整備を加速。

3.今後の予定

  1. 年内に、インド、インドネシア、タイ、ミャンマー等との間でエネルギー政策対話を実施します。
  2. アジア開発銀行(ADB)とのエネルギー政策対話(5月実施)を皮切りに、ADBとの協力を強化します。
  3. 産業界と連携し、案件発掘と支援を行うため、6月を目処に、「インフラ輸出等を通じたエネルギー産業の国際展開に係る協議会(仮称)」を設置します。
  4.  エネルギー関連国際会議において、エネルギー分野の「インフラの質」の向上に向けた取組を提案していきます。

担当

資源エネルギー庁エネルギー産業国際展開推進室

公表日

平成27年5月25日(月)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.