経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

ASEAN諸国のための石油セキュリティ構築支援研修を初めて開催します~アジアワイドでのエネルギーセキュリティの向上をめざします~

本件の概要

経済産業省は、平成27年6月15日(月)から同19日(金)にかけて、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と協力し、ASEAN諸国の石油政策を担当する局長級幹部を対象とした「石油セキュリティ構築支援研修」を初めて開催します。

1.経緯と目的

本研修は、平成26年2月に開催されたASEAN+3石油備蓄会合においてASEAN側から石油備蓄に関する人材育成研修開催の要望が出されたことを踏まえ、アジア地域のエネルギーセキュリティ向上を目指して初めて実施する取組です。

本研修では、ASEAN各国からの参加者に対し、石油産業政策や緊急時における石油の安定供給といった日本の石油政策、石油分野における対ASEAN協力事業などについての研修や国家石油備蓄基地、製油所等の現地視察を行います。また、国際エネルギー機関(IEA)、ASEAN Center for Energy(ACE:石油備蓄等ASEANエネルギー協力の事務局)、ASEAN Council on Petroleum(ASCOPE:石油供給途絶時におけるASEANの緊急時対応事務局)の参加を得て、ASEANにおける石油備蓄のあり方や石油供給途絶時の対応などについて現状の課題や今後の協力の方向性についての意見交換を行うワークショップを開催します。

ASEAN各国の石油政策を担当する局長級幹部を対象とする本研修は、各国におけ
る石油備蓄の推進、緊急時における対応能力の強化等を通じ、石油需要が拡大し続けるASEAN地域におけるエネルギーセキュリティを改善することで、日本を含むアジア全体のエネルギーセキュリティを向上させることを目的としています。

2.研修の概要

名称:「ASEAN諸国のための石油セキュリティ構築支援研修」
日時:平成27年6月15日(月)~6月19日(金)
場所:経済産業省、JOGMEC等
参加者:ASEAN各国の石油政策を担当する局長級幹部(カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナムの計8カ国及びIEA、ACE、ASCOPE)(予定)

担当

資源エネルギー庁石油精製備蓄課

公表日

平成27年6月12日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.