経済産業省
文字サイズ変更

株式会社ニッセンが輸入・販売した折りたたみテーブルのリコールが行われます(製品回収・返金)

本件の概要

株式会社ニッセンが輸入・販売した折りたたみテーブルについて、当該製品を移動させた際、天板が落ちてきたため手で支えたところ、金具部に指を挟み負傷した事故が発生しました。
当該事故情報は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づく「重大製品事故」として報告を受け、ガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因か否かが特定できていない事故として、平成26年9月17日に公表しました。その後、調査結果をもって、平成27年6月19日にガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因が疑われる事故として再公表しました。
当該事故の原因は、当該製品の高さは、高さ調節ギヤーと脚部調節パイプが噛み込んでいる状態を自重のみで維持しており、この状態を固定する機構がないために、脚部調節パイプが高さ調節ギヤーから解除され、天板が下がると同時に高さ調節ギヤーの最下段側に移動して事故に至ったものと推定されるが、使用者が天板を動かした際に上向きの力が加わった可能性もあり、そのことも事故発生に影響したものと考えられます。
株式会社ニッセンでは、事故の再発防止のため、本日より、対象製品について製品回収・返金を実施します。
経済産業省では、対象製品をお持ちの方に対し、事故の再発防止のため、製品回収・返金を受けるよう注意喚起を行ってまいります。

1.事故事象及び再発防止策について

(1)事故事象について
株式会社ニッセンが輸入・販売した折りたたみテーブルについて、当該製品を移動させた際、天板が落ちてきたため手で支えたところ、金具部に指を挟み負傷した事故が発生しました。
当該製品について、消費生活用製品安全法第35条第1項に基づき報告された重大製品事故は、本件のみです。(管理番号:A201400355)。
当該事故の原因は、当該製品の高さは、高さ調節ギヤーと脚部調節パイプが噛み込んでいる状態を自重のみで維持しており、この状態を固定する機構がないために、脚部調節パイプが高さ調節ギヤーから解除され、天板が下がると同時に高さ調節ギヤーの最下段側に移動して事故に至ったものと推定されるが、使用者が天板を動かした際に上向きの力が加わった可能性もあり、そのことも事故発生に影響したものと考えられるものとして調査を終了し、この結果を公表済みです。

(2)再発防止策について
株式会社ニッセンは、事故の再発防止を図るため、本日(6月23日)より、同社ホームページで公表、消費者へは書面を送付後、電話連絡をし、対象製品の製品回収・返金の受付を開始します。

2.対象製品、製品概要、外観

(1)対象製品

製品名 フリーテーブル
管理番号 1326-7971-111・112・113(ナチュラル)
1326-7971-211・212・213(ブラウン)
1326-7971-311・312(白)

(2)対象製品の概要、外観

対象台数 4,044台
販売期間 2008年1月~2009年12月

製品外観
製品外観
 

3.事業者の対応

製品回収・返金を行います。

4.事業者の告知

ホームページへの掲載       平成27年6月23日(火)
消費者へ書面送付、電話連絡   平成27年6月23日(火)から開始

5.消費者への注意喚起

上記の対象製品をお持ちの方は、下記問合わせ先に速やかに御連絡ください。

6.リコール対象製品に関する問合わせ先

<連絡先>
株式会社ニッセン お客様サービスセンター
電話番号 : フリーダイヤル 0120-919-132 
受付時間 : 平日/日・祝日 午前9時~午後9時 

担当

商務流通保安グループ製品安全課 製品事故対策室

公表日

平成27年6月23日(火)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.