経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

ウクライナの自動車セーフガード措置がWTO協定違反と判断されました~WTO紛争処理小委員会報告書が公表されました~

本件の概要

WTOは、6月26日(ジュネーブ時間)、ウクライナによる自動車に対するセーフガード措置について、紛争処理小委員会(パネル)の報告書を公表しました。
報告書では、同措置は、関税及び貿易に関する一般協定(GATT)及びセーフガード協定(SG協定)に整合しないと判断し、ウクライナに対し措置の是正を勧告しました。
本件パネルの判断では、セーフガードの発動要件を明確にしており、恣意的又は不透明なセーフガード措置発動の抑制に繋がることが期待されます。

1.概要

ウクライナは、平成25年4月14日から3年間のセーフガード措置として、乗用車に対して追加関税を課しています(排気量1000cc-1500ccに6.46%、1500cc-2200ccに12.95%の追加関税)。
本措置により、日本からの直接の輸入だけで年間約19億円の追加関税が賦課された見込みであり、我が国産業界への影響が懸念されます。
2013年10月、我が国は、ウクライナによる本措置が、発動要件(輸入の増加、国内産業への重大な損害、因果関係等)認定の瑕疵及び手続要件の瑕疵の点でGATT及びSG協定に違反するものとして、WTO協定に基づく協議要請を行いました。
しかし、ウクライナとの協議で満足できる解決が得られなかったことから、我が国は2014年2月、WTO紛争処理委員会(パネル)の設置を要請し、同年3月にパネルが設置されました。
その後、2014年9月及び11月にパネル会合(口頭弁論)が開催され、この度、WTOは本件パネル報告書を公表し、ウクライナのセーフガード措置は、GATT及びSG協定に整合しないと判断し、ウクライナに対し措置の是正を勧告した上で、勧告を実施しうる方法として措置の撤回を提案しました。

2.パネルの判断内容

パネルは、以下のとおり判断し、ウクライナの措置の違反を認定し、ウクライナに対して措置を協定に適合させるよう勧告し、勧告を実施しうる方法として措置の撤回を提案しました。
(1)ウクライナは、事情の予見されなかった発展及びGATT1994に基づいて負う義務(関税譲許を含む)の効果に対し適切な決定を行わなかったことから,GATT第19条1項(a)に整合的でない。
(2)輸入の増加に対する適切な決定がなされておらず,SG協定第2条1項に整合的でない。
(3)国内産業に対する重大な損害のおそれについて適切な決定がなされておらず,SG協定第4条2項(a)に整合的でない。
(4)輸入増加と国内産業に対する重大な損害との間の因果関係の立証や適切な不帰責要因分析を実施しておらず,SG協定第4条2項(b)に整合的でない。
(5)その他,手続上の違反(公表義務,通報義務,事前協議の提供等)を認定。

3.意義

本件パネルの判断は、セーフガードの発動要件をより明確にしており、近年新興国においてセーフガード措置の発動が増加傾向にある中、WTOルールの明確化を通じて恣意的又は不透明なセーフガード措置発動の抑制に繋がることが期待されます。

4.今後の予定

当事国は、公表から60日以内にWTO上級委員会に対して上訴することが可能です。上訴が無い場合には、パネル報告書の内容でWTOとしての判断が確定することとなります。

5.参考

(1)本件に係る過去のニュース
①ウクライナの自動車セーフガード措置についてWTO協定に基づく協議を要請しました

  • 経済産業省ニュースリリース(平成25年10月30日付け)

②ウクライナの自動車セーフガード措置についてWTOパネル審理を要請しました

  • 経済産業省ニュースリリース(平成26年2月13日付け)

http://www.meti.go.jp/press/2013/02/20140213004/20140213004.html
(2)セーフガードとは
WTO協定に定められた緊急措置であり、輸入国政府が、自国の産業に重大な損害を与える輸入の急増に対して、その損害を防止するため、対象製品について関税引き上げや輸入数量制限を行うものです。
(3)WTOパネルについて
政府間の協議によって問題解決に至らない場合、パネル(第1審)という準司法的な第三者機関が、WTO加盟国の要請により、問題となっている措置のWTO協定整合性について審理・判断し、違反が認められる場合にはその是正を勧告します。パネルに不服のある当事者は、上級委員会(第2審)に審理を要請することができます。

担当

・WTO紛争処理全般について
通商政策局 通商機構部 国際経済紛争対策室
・自動車産業について
製造産業局 自動車課
・日ウクライナ経済関係について
通商政策局 欧州課

公表日

平成27年6月26日(金)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.