経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けたバイオジェット燃料の導入までの道筋検討委員会を設置します

本件の概要

経済産業省は、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会でのバイオジェット燃料を使用したフライトを実現するに当たって、検討するべき課題を明らかにし、今後のバイオジェット燃料導入の道筋を描くことを目的として、関係者による道筋検討委員会を設置し、第1回会合を平成27年7月7日(火)に開催します。

1.概要・目的

バイオジェット燃料については、ICAO(国際民間航空機関)やIATA(国際航空運送協会)が、2020年以降の航空温室効果ガス削減対策として、その利用を促しており、我が国のエアラインも導入を検討しています。
また、バイオジェット燃料の研究開発が国内事業者により進められており、2025~2030年頃をターゲットとした、生産技術の確立を目指しているところです。
こうした動きを受けて、国土交通省及び経済産業省では、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けたバイオジェット燃料でのフライトを実現することを目標として、検討するべき課題を明らかにするとともに、今後の検討体制について関係者間で確認し、今後のバイオジェット燃料導入の道筋を描くことを目的として、検討委員会を設置いたします。

2.主な検討内容

  • 2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けたバイオジェット燃料によるフライト計画
  • バイオジェット燃料の供給環境整備
  • 国産バイオジェット燃料生産の見通し

3.検討会出席者

国土交通省、経済産業省、環境省(オブザーバー)
定期航空協会、本邦航空運送事業者、
石油連盟、石油元売会社、空港内給油事業者等
NEDO、バイオ燃料開発事業者

担当

資源エネルギー庁資源・燃料部政策課燃料政策企画室

公表日

平成27年7月2日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.