経済産業省
文字サイズ変更

「長期エネルギー需給見通し」を決定しました

本件の概要

 経済産業省では、エネルギー基本計画の方針に基づき、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会長期エネルギー需給見通し小委員会における取りまとめを踏まえ、今般「長期エネルギー需給見通し」を決定しました。 

長期エネルギー需給見通しは、エネルギー基本計画を踏まえ、エネルギー政策の基本的視点である、安全性、安定供給、経済効率性及び環境適合について達成すべき政策目標を想定した上で、政策の基本的な方向性に基づいて施策を講じたときに実現されるであろう将来のエネルギー需給構造の見通しであり、あるべき姿を示すものです。

昨年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画に記載された方針に基づき、現実的かつバランスの取れたエネルギー需給構造の将来像について検討するため、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会の下に、長期エネルギー需給見通し小委員会を設置し、計11回にわたって検討を行いました。 

小委員会における取りまとめを踏まえ、今般「長期エネルギー需給見通し」を決定しました。

 
 
 

担当

資源エネルギー庁 総合政策課 戦略企画室

公表日

平成27年7月16日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.