経済産業省
文字サイズ変更

「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を活用した政策立案ワークショップを開催します

本件の概要

内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)と経済産業省は、「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を活用している地方自治体に、産業・観光・人口分野の有識者を派遣し、RESASを活用した政策立案等に関して自治体職員と議論を行うとともに、RESASを用いた分析へのアドバイスを行うワークショップを開催することとしました。

ワークショップは、年度内に6回程度開催する予定であり、この模様は、全国の自治体職員がRESASを活用した政策立案等を行う際の参考となるよう、動画配信する予定です。

1.開催趣旨

平成27年度中にお願いをしている地方版総合戦略の策定においては、地方自治体がそれぞれの地域の強み・弱みなどの特性を踏まえて策定することが重要であり、地方自治体が現状・実態を正確に把握するとともに、データに基づく目標・KPI(重要業績評価指標)の設定、PDCAサイクルの確立等が求められています。
こうした中で、地方版総合戦略の立案を情報面から支援するため、産業構造や人口動態、人の流れなどに関する“ビッグデータ”を集約し、可視化するシステムであるRESASの提供を本年4月21日から開始しています。

今後、地方版総合戦略の策定のみならず、政策立案等にもRESASを利活用いただくために、政策立案等に際してのRESASの利活用についての理解を深めるため、RESASを利活用しているいくつかの地方自治体に産業・観光・人口の有識者を派遣し、RESASを活用した政策立案等に関して自治体職員と議論を行うとともに、RESASを用いた分析へのアドバイスを行うワークショップを開催することとしました。
また、当該ワークショップの様子については、後日、動画配信を行い、全国の自治体職員に閲覧いただけるようにすることで、政策立案等に際してのRESASの利活用に関する知識やノウハウの共有をはかりたいと考えています。

ワークショップは、年度内に6回程度開催する予定であり、第1回ワークショップは、以下の通り、8月11日(火)に、福岡県うきは市において実施予定です。

2.第1回ワークショップ概要

  1. 日時:平成27年8月11日(火) 15:00~18:30(予定)
  2. 場所:福岡県うきは市役所 庁舎内会議室
  3. テーマ:「経済・人口分析」
  4. 有識者:坂田 一郎氏(東京大学大学院工学系研究科 教授)

※取材をご希望のプレスの方は内閣官房にお問い合わせ下さい。

3.第2回目以降の開催について

  1. 平成27年10月
  2. 平成27年11月中旬
  3. 平成27年11月下旬
  4. 平成28年1月
  5. 平成28年2月

※具体的な日時、地方自治体については、現在調整中。

  • ワークショップの内容、取材についてのお問い合せ先
    内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局
    担当:大星、小西、堀口
    電話:03-3581-4541
  • 2回目以降のスケジュール、実施自治体についてのお問い合わせ先
    経済産業省 地域経済産業グループ 地域経済産業調査室
    担当:山岡、吉原
    電話:03-3580-4987

担当

地域経済産業グループ 地域経済産業調査室

公表日

平成27年8月7日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.