経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

パナソニック株式会社(旧 松下電工株式会社)が製造したタンス(システム収納)のリコールが行われます(点検・部品交換)

本件の概要

パナソニック株式会社(旧 松下電工株式会社)が製造したタンス(システム収納)について、当該製品の引き出しを引き出したところ、落下し、左足指を負傷する事故が発生しました。

経済産業省では、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づく「重大製品事故」として報告を受け、ガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因か否かが特定できていない事故として、平成27年6月26日に公表しました。
なお、当該事故の原因は現在調査中です。

パナソニック株式会社では、事故の再発防止のため、本日より、当該製品を含む対象製品について点検と部品交換を実施します。

経済産業省では、対象製品をお持ちの方に対し、事故の再発防止のため、点検と部品交換を受けるよう注意喚起を行ってまいります。

1.事故事象及び再発防止策について

(1)事故事象について

パナソニック株式会社(旧 松下電工株式会社)が製造したタンス(システム収納)について、当該製品の引き出しを引き出したところ、落下し、左足指を負傷する事故が発生しました。

当該製品について、消費生活用製品安全法第35条第1項に基づき報告された重大製品事故は、本件のみです。(管理番号:A201500192)。

当該事故の原因は、現在、調査中ですが、当該製品を含む対象製品について、引き出し部のストッパー部品が、湿気により劣化し、引き出し時の衝撃で破損したことが原因である可能性が高いと判明致しました。

また、消費生活用製品安全法第35条第1項に該当しない製品事故として、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)に報告された事故は1件です。事故原因は、現在、調査中です。

(2)再発防止策について

パナソニック株式会社は、事故の再発防止を図るため、本日(8月20日)、同社ホームページで公表を行い、無償で当該製品を含む対象製品の引き出し部のストッパー部品の点検と部品交換の受付を開始します。

2.対象製品:製品概要、対象製品の確認方法等

(1)商品名、対象品番、対象製造期間、対象台数

商品名 対象品番 * 対象製造期間 対象台数
システムファニチャー
「キュビオス 浅型(2段)引出し」

 
KRA1011□ 2005年11月

2007年11月
35,915台
KRA1021□
KRA10111□
KRA10211□
KRA1021K□
KRA1021K1□
KRA104PV□

*品番:KRAで始まり、末尾記号が下記のもの
BD, CD, DD, MD, PD, SD, UD, WD, HV, SB, SR, SW, MW
「KRA104PV□」は、BD, CD, DD, MD, PD, SD, UD, SW のみ

(2)対象製品外観

【システムファニチャー 「キュビオス」 設置例】

【対象引き出しの外観】


 *引き出し前板の高さが148mmと171mmのものが対象です。
深型引き出し(前板高さ308mm)は、対象外です。

(3) 対象品番の確認方法

対象となる引き出しは、引き出しでの確認が困難ですので、システムファニチャー「キュビオス」の「扉」の裏面(上部もしくは下部)に貼付されている検査証記載の「品番」および「製造日」をご確認ください。

検査証貼付け位置


品番:KRAで始まり、末尾記号が下記のもの
BD, CD, DD, MD, PD, SD, UD, WD, HV, SB, SR, SW, MW(これ以外のものは対象外です)

製造日:051101-BD~080131-BD(2005年11月1日~2008年1月31日)

※複数の扉がある場合、すべての「扉」の「品番」および「製造日」をご確認ください。一つでも対象の「品番」および「製造日」のものがあれば、下記連絡先まで御連絡ください。

※また、「扉」の製造日が上記期間外の場合でも、「キュビオス」の設置時期が上記期間に該当する場合は、念のために御連絡いただきますようお願いします。

※特に、下記のような変化や異常が見られたときには、その引き出しの使用を控えていただき、すみやかに下記連絡先まで御連絡ください。そのまま使用を継続されますと、引き出しの落下により、けがをするおそれがあります。

  1. 引き出しを引いた時、ガタンと音がするなど、なめらかな動きでない場合
  2. 引き出しを開閉する時、引き出しのぐらつきが大きくなった場合
  3. 引き出しやキャビネット内にゴムやプラスチックの破片が落ちている場合(引き出しレールの部品の破損が考えられます)

3.事業者の対応

対象製品の引き出し部の樹脂ストッパー部品を対策部品に無償で交換します。

4.事業者の告知

電話での連絡又はDM発送 平成27年8月20日(木)
ホームページへの掲載 平成27年8月20日(木)

5.消費者への注意喚起

上記の対象製品をお持ちの方は、下記問合わせ先に速やかに御連絡ください。

6.リコール対象製品に関する問合せ先

<連絡先>
パナソニック株式会社 キュビオス市場対策室
電話番号 : フリーダイヤル 0120-681-186
受付時間 : 9時~20時(平成27年9月19日まで毎日)
9時~20時(平成27年9月20日以降 土曜日・日曜日・祝日を除く)
ホームページ: http://sumai.panasonic.jp/support/cubios/index.html外部リンク

担当

商務流通保安グループ 製品安全課 製品事故対策室

公表日

平成27年8月20日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.