経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

陸上自衛隊及び石油元売会社と連携した災害時石油供給訓練を実施します~緊急時における石油供給体制の強化を図ります~

本件の概要

資源エネルギー庁は、「平成27年第36回九都県市合同防災訓練」の一環として、9月1日(火)に東京都・立川市が多摩直下地震を想定して実施する「平成27年度東京都・立川市合同総合防災訓練」において、陸上自衛隊、昭和シェル石油株式会社、東亜石油株式会社及び東燃ゼネラル石油株式会社の協力を得て、災害時石油供給に係る訓練を実施します。

1.趣旨・目的

資源エネルギー庁は、2011年3月の東日本大震災時の石油輸送等における様々な課題を踏まえ、今後の大規模災害発生時において迅速に石油を供給できるよう、これまでも地方自治体、陸上自衛隊及び石油元売会社との連携の下、燃料供給訓練を実施してきたところです。
今回の訓練では、陸上自衛隊、昭和シェル石油株式会社、東亜石油株式会社及び東燃ゼネラル石油株式会社の参加を得て、①東亜石油株式会社京浜製油所を燃料供給元とした民間タンクローリーによる燃料輸送を行うとともに、②被災時に民間の燃料輸送力が低下していることも想定し、東燃ゼネラル石油株式会社川崎工場を燃料供給元とした陸上自衛隊車両による燃料輸送を行う訓練を実施します。なお、今回の訓練は関東エリアにおける初めての実動訓練となります。

2.訓練の概要

○日 時:平成27年9月1日(火) 8時00分~12時15分メド
○場 所:(出発地①)東亜石油株式会社 京浜製油所
(出発地②)東燃ゼネラル石油株式会社 川崎工場
(燃料供給地)独立行政法人国立病院機構 災害医療センター
○内 容:(1)民間タンクローリーによる燃料供給
東亜石油株式会社京浜製油所において燃料を充填(模擬)したタンクローリーが出構 → 災害医療センターにおいて給油(模擬)
(2)陸上自衛隊車両による燃料供給
東燃ゼネラル石油株式会社川崎工場において燃料を充填(模擬)した陸上自衛隊車両が出構 → 災害医療センターにおいて給油(模擬)

担当

資源エネルギー庁石油精製備蓄課

公表日

平成27年8月27日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.