経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

中川経済産業大臣政務官がスイスに出張しました

本件の概要

中川経済産業大臣政務官は、WTO非公式閣僚会合及び世界経済フォーラム年次総会に出席するため、1月19日から21日の日程で、スイス・ダボスに出張しました。
 

1.WTO非公式閣僚会合(1月20日(金曜日))

WTO非公式閣僚会合が1月20日(金曜日)に開かれ、日本、米国、EU、中国、インド、南アフリカ、ブラジル等29ヶ国・地域及びWTO事務局(アゼベド事務局長)が参加しました。スイスのヨハン・シュナイダー=アマン経済・教育・研究大臣が議長を務め、世界的に保護主義的な機運が拡大する中、多角的貿易体制の重要性を確認するとともに、第11回WTO閣僚会議(MC11)で達成すべき成果やそれに向けた取組について議論が行われました。日本からは、中川経済産業大臣政務官の他、薗浦外務副大臣と矢倉農林水産大臣政務官が出席しました。

中川経済産業大臣政務官からは、WTO環境物品協定(EGA)及び新たなサービス貿易協定(TiSA)に関する交渉の早期妥結、情報の自由な流通を中核としたデジタル貿易ルール形成、貿易円滑化に向けた幅広い取組が重要であることを主張しました。

中川経済産業大臣政務官がスイスに出張しました

2.世界経済フォーラム年次総会(1月20日(金曜日))

世界経済フォーラム年次総会ジャパン・セッション(非公開の意見交換)に参加し、国内外のビジネスリーダーや有識者と、日本の国際社会におけるリーダーシップや日本経済の優先課題等に関する意見交換を行いました。中川経済産業大臣政務官からは、自由貿易の推進や成長と分配の好循環、第4次産業革命など、アベノミクスを通じて日本が世界で果たすべき役割について積極的に発信しました。

世界経済フォーラム年次総会(1月20日(金曜日)

3.出席閣僚との意見交換

WTO非公式閣僚会合に出席していた閣僚等のうち、マレーシア ムスタパ・モハメド国際貿易・産業大臣、フィリピン ラモン・ロペス貿易産業大臣、シンガポール シム・アン上級国務相と個別に意見交換を行いました。

マレーシア ムスタパ・モハメド国際貿易・産業大臣と
【マレーシア ムスタパ・モハメド国際貿易・産業大臣と】

フィリピン ラモン・ロペス貿易産業大臣と
【フィリピン ラモン・ロペス貿易産業大臣と】

シンガポール シム・アン上級国務相と
【シンガポール シム・アン上級国務相と】

担当

通商政策局 通商機構部
通商政策局 国際経済課

公表日

平成29年1月23日(月)

発表資料

資料なし

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.