経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「尾張仏具」「長崎べっ甲」「南風原花織」を伝統的工芸品として指定しました

本件の概要

本日、経済産業省は、伝統的工芸品産業の振興に関する法律(以下「伝産法」)に定める伝統的工芸品として、愛知県の「尾張仏具」、長崎県の「長崎べっ甲」、沖縄県の「南風原(はえばる)花(はな)織(おり)」の3品目を新たに指定しましたのでお知らせします。

1.伝統的工芸品の新規指定等について

愛知県の「尾張仏具」、長崎県の「長崎べっ甲」及び沖縄県の「南風原花織」について、平成28年12月21日に開催した産業構造審議会製造産業分科会伝統的工芸品指定小委員会において審議を行った結果、新規指定することについて了承されたことから、本日、官報告示によって、経済産業大臣指定品目となりました(最近の新規指定状況は参考(1)を御参照下さい)。これにより、伝統的工芸品は225品目、うち愛知県は13品目、長崎県は3品目、沖縄県は15品目となります(指定品目一覧は参考(3)を御参照下さい)。
 

2.新規指定品目の概要

(1)尾張仏具
尾張仏具は、江戸時代初期頃から、愛知県名古屋市を中心に生産されている工芸品です。尾張近郊で採れる良質な木材を資源に、江戸後期、下級武士の内職として発展しました。木製漆塗製品が中心で、多様な工程と、色鮮やかな仕上がりが特徴です。

 尾張仏具尾張仏具

(2)長崎べっ甲
長崎べっ甲は、江戸時代以降、長崎県長崎市、諫早市を中心に生産されている工芸品です。厚みや色合いなどを手作業により丹念に調整し、緻密で精巧な技法が特徴であり、髪飾り等の小物だけでなく、宝船等の大物製品も製造されています。

 長崎べっ甲長崎べっ甲

(3)南風原花織
南風原花織は、明治時代以降、沖縄県南風原町において生産されている織物です。組織織で構成された花のように美しい立体的な柄には、クヮンクヮン花織・チップガサー・喜屋武八枚等独特の名称や模様が存在します。

南風原花織

(参考)伝統的工芸品産業の振興に関する法律とは

伝統的工芸品産業の振興により、国民生活に豊かさと潤いを与えるとともに、伝統的技術・技法の伝承や地域の経済発展・雇用の創出に寄与することを目的とした法律です。同法律に基づいて指定※する伝統的工芸品は、同法律に基づく各種振興施策の対象となります(法律の抜粋は参考(2)を御参照ください)。

※5つの要件((1)日用品であること、(2)手工業的であること、(3)伝統的な(100年以上)技術・技法であること、(4)伝統的に使用された原材料であること、(5)一定の地域で産地形成がなされていること)を満たすことが必要です。

担当

製造産業局 生活製品課 伝統的工芸品産業室

公表日

平成29年1月26日(木)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.