経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

LNGバンカリング国際シンポジウムを開催します~LNGバンカリング港湾によるネットワークの形成に向けて~

本件の概要

経済産業省および国土交通省は、来たる4月3日に「LNGバンカリング国際シンポジウムin横浜」を開催いたします。

1.趣旨

昨年10月、我が国を含む一般海域において船舶から排出される硫黄酸化物(SOx)に対する規制が2020年から強化されることが国際海事機関(IMO)により決定されました。このため重油に比べ排出ガスがクリーンなLNGを燃料とする船舶の更なる普及が見込まれています。

「エネルギー基本計画」(平成26年4月閣議決定)においては、LNG燃料船など、船舶分野におけるLNGの新たな需要に対応していくための制度やインフラ整備を進めていくことが重要であるとしています。このほか、経済産業省としては、「LNG市場戦略」(平成28年5月発表)において、流動性の高いLNG市場の確立に向けた取組の一つとして、LNGバンカリング※の促進によるLNG需要の拡大を図ることとしています。

LNGバンカリング拠点の形成には、国際的なネットワークの構築や、電力・ガス会社等のエネルギー事業者を含めた幅広い関係者による積極的な取組が必要です。このため、下記のとおりLNGバンカリングに関する国際シンポジウムを開催し、LNGバンカリング拠点の拡大に向けた今後の進むべき方向性を明らかにするとともに、将来に向けた各主体の取組を促進します。

※LNGバンカリング:港湾において船舶の燃料としてLNG(液化天然ガス)を船舶に供給すること。

2.開催内容

(1) 開催日 平成29年4月3日(月曜日)14:00~17:00 
(2) 会場 横浜ロイヤルパークホテル(横浜市西区みなとみらい2-2-1-3)
(3) テーマ LNGバンカリング港湾によるネットワークの形成に向けて
(4) プログラム(予定)

  • 基調講演
    • フェレイダン・フェシャラキ氏(FACTSGLOBASENERGY会長)
       
  • パネルディスカッション「LNGバンカリング拠点の形成に向けて」
    〈モデレーター〉
    • 諸岡正道氏(横浜川崎国際港湾(株)社長)
  • 〈パネリスト〉
    • マイケル・チア氏(KeppelOffshore&MarineLtd専務取締役(海洋部門担当))
    • 広瀬道明氏(東京ガス(株)社長)
    • ピーター・ケラー氏(TOTE上級副社長)
    • 内藤忠顕氏(日本郵船(株)社長)
    • アンドリュー・タン氏(シンガポール海事港湾庁(MPA)長官)
    • クルーズ船関係者(調整中)

3.参加申込

シンポジウム詳細及び参加申込については、別紙案内及び専用ウェブサイトをご参照下さい。(参加費無料)

担当

資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油・天然ガス課
資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 ガス市場整備室

公表日

平成29年1月31日(火)

関連資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.