経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

日本工業規格(JIS)を制定・改正しました(平成29年2月分)~電球形蛍光ランプの安全仕様、標識・設備及び機器への点字の適用方法など~

本件の概要

JISは、製品の種類・寸法や品質・性能、安全性などを定めた国家規格です。JISは、社会的環境の変化に対応して、制定・改正されています。社会的に関心の高い重要な制定や改正を月に1度紹介しています。

1.今回のJIS規格制定・改正内容

今回は、7件の制定及び51件の改正を行いました(資料1)。中でも、以下のJISの改正は特に重要です。

(1)電球形蛍光ランプの安全仕様に関するJISを改正
一般照明用電球形蛍光ランプについて、最近の国際規格の動向を踏まえ、更なる安全性向上を図るため、JISC7620-1について、ランプ本体と口金部分との取り付けの強度やランプ寿命が尽きたときの安全性に関する要求事項等を追加する改正を行いました。(資料2)。

電球形蛍光ランプの例
電球形蛍光ランプの例

(2)アクセシブルデザイン-標識、設備及び機器への点字の適用方法のJIS改正
点字は、視覚に障害があり、印刷された文字の識別が困難な人々が指でさわって読むことのできる、凸点の組合せで表された符号文字です。
消費生活製品の操作部や、公共の建物内の部屋の入り口、エレベーターの操作ボタンなどに、読みやすく誤読の起こりにくい点字表示をするために役立つJISが、国際規格と整合する形で改正されました(資料3)。

部屋の出入り口の点字表示例
部屋の出入り口の点字表示例

2.JIS(日本工業規格)とは

JIS(JapaneseIndustrialStandards)とは、鉱工業品の品質の改善、性能・安全性の向上、生産効率の増進等のため、工業標準化法に基づき制定される我が国の国家規格です。

JISは、製品の種類・寸法や品質・性能、安全性、それらを確認する試験方法や、要求される規格値などを定めており、生産者、使用者・消費者が安心して品質が良い製品を入手できるようにするために用いられています。

経済産業省では、技術の進歩や、安全性の向上等、必要に応じて、JISを制定・改正しています。

JISについて、詳しくお知りになりたい場合は、下記のサイトをご覧ください。
日本工業標準調査会ウェブサイト外部リンク
標準化・認証について

JISは、日本工業標準調査会(JISC:JapaneseIndustrialStandardsCommittee)の審議を経て制定されます。このたび2月分のJISの制定・改正を行いました。

3.過去のニュースリリース(主要なJISの制定・改正の紹介)

主要なJISの制定・改正の紹介

担当

産業技術環境局基準認証広報室長 斉藤
担当者:菅
電話:03-3501-1511(内線3421~2)
03-3501-9245(直通)
03-3501-7851(FAX)

公表日

平成29年2月20日(月)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.