経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

エネルギーの使用の合理化等に関する法律施行令の一部を改正する政令が閣議決定されました

本件の概要

本日、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました。
本改正は、省エネ法第78条に規定されるエネルギーの使用の合理化を図ることが特に必要な機器として、新たにショーケースを追加するものです。

1.政令改正の内容

トップランナー制度の対象となる機器の追加(政令第21条・第22条)
  • 省エネ法第78条に規定されるエネルギーの使用の合理化を図ることが特に必要な機器(トップランナー対象機器)として、新たに指定の要件を満たしたショーケースを追加することとします。
  • その際、勧告及び命令等の対象となるトップランナー対象機器の製造事業者等の要件として、生産量又は輸入量が100台以上であることとします。

2.今後の予定

公布 平成29年2月24日(金曜日)
施行 平成29年3月1日(水曜日)


(参考)トップランナー制度
省エネ法第78条に規定されるエネルギーの使用の合理化を図ることが特に必要な機器について、現在商品化されている製品のうちエネルギー消費効率が最も優れているもの(トップランナー)の性能、技術開発の将来の見通し等を勘案し、製造事業者等が目標年度に満たすべき省エネ基準を定める制度です。

担当

資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部
省エネルギー課長 吉田
担当者:内藤、吉川、上谷
電話:03-3501-1511(内線 4541~6)
   03-3501-9726(直通)
   03-3501-8396(FAX)

公表日

平成29年2月21日(火)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.