経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

中川経済産業大臣政務官がチリ共和国とパナマ共和国へ出張しました

本件の概要

中川経済産業大臣政務官は、アジア太平洋地域における統合イニシアティブに関するハイレベル対話に出席するために、3月13日(月)から18日(土)にかけて、チリ共和国(ビニャ・デル・マル)を訪問しました。また、この機会を捉え、メキシコ、NZ、チリ等と二国間会談を行いました。帰路ではパナマ共和国に訪問し、質の高いインフラのトップセールス等を行いました。

1.アジア太平洋地域における統合イニシアティブに関するハイレベル対話

日本、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、中国、コロンビア、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、韓国、シンガポール、米国、ベトナムの計15ヶ国が参加し、チリ・ムニョス外相が議長を務め、成長市場であるアジア太平洋地域における貿易・投資の自由化や経済・貿易統合を進め方等について議論しました。日本からは、中川経済産業大臣政務官の他、越智内閣府副大臣と薗浦外務副大臣とが出席しました。

 

2.二国間会談

越智内閣府副大臣とともに、アジア太平洋地域における統合イニシアティブに関するハイレベル対話に出席していた閣僚等のうち、メキシコ・グアハルド経済大臣、NZ・マックレイ貿易大臣、チリ・ムニョス外務大臣、シンガポール・コー・ポークン国務大臣、カナダ・シャンパーニュ国際貿易大臣、コロンビア・ラコトゥール商工観光大臣、ペルー・バスケス通商観光副大臣とバイ会談を行い、TPP、RCEP等の通商交渉等について意見交換を行いました。
 


【グアハルド・メキシコ経済大臣との会談】

【マックレイ・ニュージーランド貿易大臣との会談】
 

3.パナマ訪問


【ナバーロ外務次官との会談】

中川政務官は、チリ出張後3月16日にパナマ共和国を訪問し、ナバーロ外務次官(多国間関係・協力担当)との会談において、質の高いインフラの普及の重要性や我が国エネルギー安全保障におけるパナマ運河の重要性を確認するとともに、国際的な枠組みにおいても両国が協力していくことを確認しました。

 

担当

(アジア太平洋地域における統合イニシアティブに関するハイレベル対話、二国間会談に関するお問い合わせ先)
通商政策局 経済連携課長 金子
担当者:伊藤
電話:03-3501-1595(直通)
   03-3501-1592(FAX)

(パナマ訪問に関するお問い合わせ先)
通商政策局 中南米室 菅原
担当者:武
電話:03-3501-2817(直通)
   03-3580-4610(FAX)

公表日

平成29年3月21日(火)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.