経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

温泉マークを含む7つの案内用図記号の変更及びヘルプマークの追加について最終案を取りまとめました(JISZ8210(案内用図記号)の改正)

本件の概要

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、外国人観光客の更なる増加が見込まれています。そこで、案内用図記号を規定する国内規格(JIS)について、日本人だけでなく外国人観光客にもより分かりやすい案内用図記号とするため、JIS改正原案作成委員会で議論を行ってきました。
今回、温泉マークを含む7つの案内用図記号の変更及び「ヘルプマーク」の追加について最終案を取りまとめました。
今後、必要な手続きを経て、平成29年7月20日にJISZ8210を改正する予定です。

1.案内用図記号とは

案内用図記号(ピクトグラム)とは、言葉によらない、目で見るだけで案内を可能とするもので、多くの公共交通機関や公共施設などで広く使われています。

2.変更する7つの案内用図記号及び「ヘルプマーク」について

日本の国内規格(JIS)と、国際規格(ISO)の図記号のどちらが分かりやすいか、日本人及び外国人それぞれ約1,000人ずつを対象としたアンケート調査結果(※)等に基づき、JIS改正原案作成委員会(※)で審議を行い、更にパブリックコメント結果を踏まえ、以下の7つの図記号の変更及び「ヘルプマーク」(※※)の追加について最終案を取りまとめました。
(※JIS改正原案作成委員会のメンバー及びアンケートの調査結果は別紙1,2参照)
(※※援助や配慮を必要としている方が、身につけることで、周囲の方に配慮を必要としているを知らせることができる表示。)

  1. 駐車場
  2. 手荷物受取所
  3. 救護所
  4. 乳幼児用設備(ベビーケアルーム)
  5. 乗り継ぎ(飛行機)
  6. 案内所及び情報コーナー
  7. 温泉

3.7つの案内用図記号の変更案及び「ヘルプマーク」について

駐車場、手荷物受取所、救護所、乳幼児用設備(ベビーケアルーム)及び乗り継ぎ(飛行機)の各図記号については、アンケート調査(※)の結果、日本人、外国人共にISOの方が理解度が高かったため、ISOに移行し、現行JISは2年間の移行期間を設けて廃止します。また、温泉については、アンケート調査(※)の結果、日本人、外国とで理解度の評価が分かれたため、現行JIS又はISOの選択制とします(表示者などの判断で、適切な案内用図記号を選択。両方を並べて表示するという意味ではありません。)



4.今後の予定について

7つの案内用図記号の変更及び「ヘルプマーク」の追加等を取り入れたJISZ8210については、日本工業標準調査会(JISC)での審議、必要な手続きを経て平成29年7月20日改正する予定です。

担当

産業技術環境局国際標準課長 藤代
担当者:永田、星、泉田
電話:03-3501-1511(内線3423~5)
03-3501-9277(直通)
03-3580-8625(FAX)

公表日

平成29年3月22日(水)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.