経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

世耕経済産業大臣がドイツ連邦共和国およびフランス共和国へ出張しました

本件の概要

世耕経済産業大臣は3月19日から21日にかけて、ドイツ連邦共和国(ハノーバー)とフランス共和国(パリ)に出張しました。ハノーバーでは「国際情報通信技術見本市(CeBIT2017)」でドイツのツィプリス経済エネルギー大臣と会談し、日独の第四次産業革命の協力を深化させる「ハノーバー宣言」等に署名しました。

また、欧州委員会アンシプ副委員長及びヨウロバー委員との会談では、情報の自由な流通や産業協力の促進等の重要性を確認する共同プレスステートメントを発出しました。

さらにフランスでは、ロワイヤル環境・エネルギー・海洋大臣と「民生用原子力協力に関する意図表明」に署名しました。

1.ツィプリス・ドイツ経済エネルギー大臣との会談

2016年4月の経済産業省とドイツ経済エネルギー省の共同声明を受けて、日独間で国際標準、サイバーセキュリティ、研究開発、中小企業連携等、第四次産業革命に関する協力が進展していることを歓迎し、これまでの成果と今後の取組をとりまとめた「ハノーバー宣言」、「研究・開発及びイノベーションに関わる相互協力に係る共同声明」、「電動モビリティ・自動運転・コネクテッドカー等に関する覚書」に署名しました。

また、第四次産業革命の実現に向けて、国境を越える情報やデータの自由な流通の確保に向けて、日独が連携して国際的な取組を主導していくことの重要性について確認しました。
世耕経済産業大臣が「ハノーバー宣言」に署名しました~第四次産業革命に関する日独協力の枠組みを構築~

また、今回の訪独の機会に合わせて、我が国の産業が目指す姿を示すコンセプトとして「Connected Industries」を発表しました。Connected Industriesにおいては、様々なつながりにより、新たな付加価値が創出されていきます。経済産業省は、今後、Connected Industriesの実現に向けて、各種の施策を推進していきます。
我が国産業が目指す姿(コンセプト)として「Connected Industries」を発表しました

2.アンシプ欧州委員会副委員長、ヨウロバー欧州委員との会談

日EU間のデータ流通をより円滑にするため、データに関するハイレベルでの対話、専門家対話、関係省庁が連携した取組の推進、産業協力の促進等について意見交換し、共同プレスステートメントとして発出しました。
日EU間のデータ流通円滑化に向けた共同プレスステートメントを発出しました

3.ロワイヤル・フランス環境・エネルギー・海洋大臣と「民生用原子力協力に関する意図表明」に署名

フランスとの原子力分野での産業協力及び共同研究開発等を強化するため、ロワイヤル環境・エネルギー・海洋大臣と、「日本国経済産業省とフランス共和国環境・エネルギー・海洋省との間の民生用原子力協力に関する意図表明」に署名しました。

担当

製造産業局参事官室参事官 徳増
担当者: 長谷川、坂本
電 話:03-3501-1511(内線 3641~4)
03-3501-1689(直通)
03-3501-6588(FAX)

商務情報政策局情報経済課長 佐野
担当者: 河野、中村、丸山 
電 話:03-3501-1511(内線 3961~5)
03-3501-0397(直通)
03-3501-6639(FAX)

資源エネルギー庁原子力国際協力推進室長 中原 
担当者: 丸田、大西 
電 話:03-3501-1511(内線 4771~8)
03-3501-1991(直通)
03-3580-8447(FAX)

公表日

平成29年3月22日(水)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.