経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

審査に対するユーザーの評価が向上しました(平成28年度審査の質についてのユーザー評価調査の結果)

本件の概要

特許庁は毎年度、特許・意匠・商標審査の質についてのユーザー評価調査を行っています。今年度調査の結果、審査の質全般についての評価は、いずれも5段階評価の4以上の高い評価の割合が昨年度より増加しました。
特許庁では、引き続き審査の質の向上に努めてまいります。

1.本調査の背景・経緯

特許庁は、企業のグローバルな事業展開を支援し、イノベーションの促進に寄与すべく、ユーザーに満足される審査の実現を目指しています。
ユーザーに満足される審査を実現するには、産業財産権制度ユーザーのニーズや期待を適切に把握することが不可欠です。そこで、特許庁は、特許・意匠・商標審査の質についてのユーザー評価調査を行っています。

2.調査結果の概要

(1)特許審査

特許審査の質全般の経年変化

図1.特許審査の質全般の経年変化 

【調査結果のポイント】
特許審査を構成する手続毎の評価についても調査したところ、拒絶理由通知書等の記載が特に高い評価を受けましたが、進歩性の判断、明細書・特許請求の範囲の記載要件の判断等の評価も概ね向上しました。

【今後の課題】
外国語の特許文献の調査、非特許文献等の調査を含む先行技術文献調査は、今後も引き続きその質の維持・向上に努める必要があります。

(2)意匠審査

意匠審査の質全般の評価

図2.意匠審査の質全般の評価

【調査結果のポイント】
意匠審査を構成する手続毎の評価についても調査したところ、「コミュニケーション」について特に高い評価を受けました。

【今後の課題】
「拒絶理由通知等の記載」や「判断の均質性」については、今後も引き続きその質の維持・向上に努める必要があります。

(3)商標審査

商標審査の質全般の評価

図3.商標審査の質全般の評価

【調査結果のポイント】
商標審査を構成する手続毎の評価についても調査したところ、「拒絶理由通知書における必要な説明・理解しやすい文言」が高い評価を受けました。

【今後の課題】
「識別性の判断」及び「審査官間の均質性」等については、今後も引き続きその質の維持・向上に努める必要がある項目です。

特許庁では、ユーザー評価調査の実施時期や調査対象者の選定等の実施方法について、今後も必要な改善を図りつつ、ユーザーニーズの継続的な把握に努めて参ります。

参考.調査方法の概要
特許・意匠・商標とも、審査の質全般と個別出願(特許・商標はサンプル抽出した案件、意匠は回答者自身が選択した案件)の各々について、5段階評価を得ました。
(特許)合計で732者のユーザー、2738件の出願を対象に、平成28年7月~9月に調査票の配付及び回収を順次実施。回答率は約9割。
(意匠)合計で334者のユーザー、174件の出願を対象に、平成28年7月~9月に調査票の配付及び回収を順次実施。回答率は約8割。
(商標)合計で400者のユーザー、400件の出願を対象に、平成28年7月~9月に調査票の配付及び回収を順次実施。回答率は約8割。

参考資料1:審査の質についての評価の分析概要
参考資料2:特許庁の審査の品質管理システム・特許審査の手続きの流れ

※平成28年度のユーザー評価調査報告書のURL:
(特許はこちら外部リンク
(意匠はこちら外部リンク
(商標はこちら外部リンク

担当

特許庁審査第一部調整課品質管理室長 髙岡
担当者:清水
電話:03-3581-1101(内線3121)
03-6810-7459(直通)
03-3595-4553(FAX)

公表日

平成29年3月29日(水)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.