経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

天然ゴム製品の使用によるラテックスアレルギーに対する注意喚起を行います

本件の概要

経済産業省は、消費者庁および厚生労働省と連携し、天然ゴムに含まれるラテックスタンパク質が原因となってアレルギー症状を発現するラテックスアレルギーについて消費者への注意喚起を行います。

周知の概要

経済産業省は、消費者庁および厚生労働省と連携し、ラテックスアレルギーの発症事例を示すとともに、再発防止策を周知します。また、関係業界団体のラテックスアレルギーへの取組についてもご紹介しております。

(1)再発防止策に向けた注意点:
(1)天然ゴム製品との接触は避けましょう。ゴム製品を使用する場合には、当該製品に天然ゴムが含まれているかを確認しましょう。成分表示が無い場合には、販売店や事業者に確認してください。
(2)医療機関の診察や手術を受ける際には、ラテックスアレルギーであることを、あらかじめ医師や看護師に伝えましょう。
(3)果物の摂取によるラテックス・フルーツ症候群の発症のおそれがあることを理解して、摂取を控えましょう。栗、バナナ、アボカド及びキウイフルーツという特定の果物は、発症リスクが高く、重症化することが分かっていますので、特に注意が必要です。

(2)関係団体の取組:
ゴム製品を扱う業界では、ラテックスアレルギーへの取組として、天然ゴム製品中のラテックスタンパク質の減量化などの品質改善や、天然ゴムの代替となる素材を用いた製品の検討・販売などを行ってきました。
また表示において、日本グローブ工業会では、家庭用手袋を安全かつ適正に使用されるために、「家庭用手袋の品質表示要領」を設定し、手袋に使われている材質(天然ゴムや合成ゴムなど)や使用上の注意を製品又は製品パッケージに表示し、消費者に注意を呼び掛けており、所属会員に対してこれらを徹底することを指導しています。

経済産業省としては、今後とも業界の取組を注視しつつ、一層の取組を促していきます。

担当

製造産業局素材産業課 茂木
担当者:辻井、喜多、森野
電話:03-3501-1511(内線 3731~40)
03-3501-1737(直通)
03-3580-6348(FAX)

公表日

平成29年3月31日(金)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.