経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

神戸市・八王子市において、日本初となるヘルスケア領域におけるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)導入を前提とした予算が成立しました

本件の概要

経済産業省では、新しい官民連携の手法「ソーシャル・インパクト・ボンド」(以下「SIB」)のヘルスケア分野における導入を推進しています。この度、経済産業省事業にて支援を行った兵庫県神戸市、東京都八王子市において、それぞれ糖尿病性腎症重症化予防事業、大腸がん検診受診勧奨事業へのSIB導入を前提とした予算が、両市議会において成立しました。ヘルスケア領域において、複数年度での事業実施を前提とした本格的なSIBの導入は、日本初となります。

1.SIBとは

SIBとは、民間資金を活用して実施する成果連動型の民間委託事業です。民間の資金やノウハウを活用して革新的な社会課題解決型の事業を実施し、行政はその事業成果(社会的コストの効率化部分)等を原資に成果報酬を支払います。2010年に英国で世界初のSIB案件が組成されて以降、同国を中心に世界各国でその活用が進んでいます。

2.検討経緯について

平成28年度健康寿命延伸産業創出推進事業(受託事業者:株式会社日本総合研究所)の一環として、公益財団法人日本財団及びケイスリー株式会社の協力の下、神戸市、八王子市、株式会社DPPヘルスパートナーズ、株式会社キャンサースキャンと共に両市における平成29年度からのSIBの事業化に向けて、また、今後の市場拡大等を見据えたファイナンス環境整備等について、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行と検討を進めてきました。
本検討を踏まえて、両市においてSIBの活用を前提とした事業の予算化を行い、この度、両市議会において、当該事業を含む平成29年度予算が成立いたしました。
今後、神戸市では糖尿病性腎症重症化予防領域において、八王子市では大腸がん検診受診勧奨領域において、SIBを活用した事業を実施することとなります。これらの案件は、ヘルスケア領域において、成果報酬型かつ複数年度での事業実施を前提とした、日本初のSIB事業となります。

3.導入モデルの概要

(1)神戸市における糖尿病性腎症重症化予防事業
糖尿病性腎症者のうち、特に重症化リスクの高い方を対象とし、食事療法等の保健指導を行い、対象者の生活習慣の改善を通じて、ステージの進行/人工透析への移行を予防する事業に対し、SIBを導入いたします。


(2)八王子市における大腸がん検診受診勧奨事業
検診受診率が特に低い前年度未受診者を対象とし、対象者の過去の医療関連情報と人工知能を活用し、オーダーメイドの受診勧奨を行い、大腸がん早期発見を目指す事業に対し、SIBを導入いたします。


 ※神戸市、八王子市における事業の詳細は、今後の執行、調達手続等において変更となる可能性があります。

担当

商務情報政策局ヘルスケア産業課長江崎
担当者:富原、植木
電話:03-3501-1511(内線4041~3)
03-3501-1790(直通)
03-3501-0315(FAX)

公表日

平成29年3月31日(金)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.