経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

高木経済産業副大臣がアラブ首長国連邦(アブダビ)に出張しました

本件の概要

高木経済産業副大臣は、3月25日(土曜日)から29日(水曜日)の日程で、アラブ首長国連邦(アブダビ)を訪問しました。滞在期間中、「世界製造業・産業化サミット(Global Manufacturing & Industrialization Summit; GMIS)に出席したほか、ジャーベル国務大臣兼アブダビ国営石油会社CEO、マイサ国務大臣、ハルドゥーンアブダビ執行関係庁長官などUAE連邦政府及びアブダビ首長国政府要人との会談や、同サミットに出席していたアイルランガ・インドネシア工業大臣との会談等を行いました。

1. 世界製造業・産業化サミット(Global Manufacturing & Industrialization Summit)(28日)

「世界製造業・産業化サミット(GMIS)」は、3月28日から30日、UAE連邦経済省と国際連合工業開発機関(UNIDO)の共催で、政府・産業界・民間有識者の3者で「製造業の未来」を議論するために開催されたものです(27日に開催されたオープニングセレモニーには、ムハンマドUAE副大統領(ドバイ首長)が出席)。
高木副大臣は、28日の全体会合で基調講演を行いました。その基調講演では、①日本はアベノミクスを推進し、成長の実現を目指しており、IoTや人口知能、ロボットなどの第4次産業革命は重要な鍵であること、②経済産業省では、デジタル社会において我が国の産業が目指すべき姿として、「コネクテッド・インダストリーズ」を提唱し、そのための施策を進めていくこと、③GMISの趣旨に賛同し、エキシビションでは最大規模の展示スペースを誇る日本パビリオンを出展してヒューマノイドロボット(ペッパー)の展示によるロボット・AI技術の紹介を始め、日本の製造業の強みとなる技術を併せて紹介するなど、本サミットの成功に貢献すること、④日本の革新的な技術や産業競争力を支える中小企業の高度な技術を紹介することなどを説明しました。

<基調講演>

<日本パビリオン視察>
 

2. UAE連邦政府及びアブダビ首長国政府要人との会談(26日及び27日)

我が国企業が保有する海上油田権益の延長を働きかけるとともに、エネルギー分野にとどまらず、GMISへの貢献を含めた産業多角化、投資促進、人材育成、先端技術、中小企業、女性交流促進など、幅広い分野における協力を一層推進していくことで合意しました。
ハルドゥーンアブダビ執行関係庁長官とは、これまでの日本の協力に対する謝意が示されるとともに、先端技術分野を含めた今後の協力の発展可能性について意見交換を行いました。
ジャーベル UAE 国務大臣とは、これまでの日本の官民によるUAEとのパートナーシップに感謝を示されるとともに、引き続き、石油開発の上流から下流も含めた包括的な協力が両国間でさらに拡大することで合意しました。
マイサUAE国務大臣とは、キャリア女性交流の促進に向けた協力を進めていくことで合意しました。また、GMISに出席する日本の中小企業の女性経営者との意見交換が併せて行われました。
マズルーイUAEエネルギー大臣とは、UAEの長期的なエネルギー戦略と我が国との協力の可能性について議論するとともに、国際原油市場の動向、OPECをはじめとした産油国の協調減産の動向や背景などについて意見交換を行いました。


<ハルドゥーン長官との会談>

<ジャーベル国務大臣との会談>
 

<マイサ国務大臣との会談>

<マイサ国務大臣と女性経営者の交流>
 
<マズルーイエネルギー大臣との会談>

 

 

3.アイルランガ・インドネシア工業大臣との会談(28日)

GMISに出席していたアイルランガ・インドネシア工業大臣と会談し、二国間経済関係の強化やインフラ整備に係る協力等に関する意見交換を行いました。

担当

通商政策局中東アフリカ課長 木原
担当者:吉瀬、高橋
電話:03-3501-1511(内線3008~10)
03-3501-2283(直通)
03-3501-5876(FAX)

資源エネルギー庁資源・燃料部石油・天然ガス課 企画官 豊島
担当者:稲岡
電話:03-3501-1511(内線4641~6)
03-3501-1817(直通)
03-3580-8563(FAX)

公表日

平成29年3月31日(金)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.