経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「触知案内図の内容、形状及び表示方法」の国際規格が発行されました~視覚障害者の移動支援に役立つ、日本提案の国際規格~

本件の概要

製品や建物、サービスなどを、高齢者や障害者、海外からの旅行者など、多様な人々にも使いやすくなるように工夫するデザイン手法を「アクセシブルデザイン」といいます。この「アクセシブルデザイン」の実践に役立つ日本発の国際規格として、「触知案内図」の規格が発行されました。

1.背景

障害のある人の社会参加の機会は、日本国内はもちろん、国際的にも大幅に増大し、障害者の自立を支援するさまざまなツールや仕組みが求められています。視覚障害者の移動を支援する「触知案内図」(図;駅構内での触地図の例)も近年広く活用されるようになりました。しかし、触覚で理解しやすい案内図の条件は、印刷された案内図のそれとは大きく異なることから、利用者が誤読し安全な移動を妨げることが問題として考えられました。


図:駅構内での触地図の例
 
 

2.触知案内図の規格概要

今回、日本からの提案で発行された国際規格は、「ISO 19028 アクセシブルデザイン-触知案内図の情報内容、形状及び表示方法」という名称で、視覚に障害(全盲及びロービジョン(※1))のある人々の安全で円滑な移動を支援するために公共交通機関や公共施設等に設置される触知案内図を、適切に作成するための条件を規定しています。
規格のポイントは、以下のとおりです。
(1) 触知案内図の構成と、表示する情報項目の原則
(2) 触知案内図の寸法と設置方法
(3) 触知案内図における、現在地と目的地、触知図形、触知記号、点字と浮き出し文字、拡大文字等の表示方法
(4) 触知案内図の製造に適した素材
日本や欧州で使用されているさまざまな触知記号の例も付属書として多数掲載されています。

3.制定による期待効果

触知案内図は、言葉だけでは伝わりにくい情報を、視覚に障害のある人にも伝えることのできる、有効な手段の一つです。今後、この国際規格に準拠したわかりやすく有用な触知案内図が世界で普及することが期待されます。

(※1) ロービジョン
「両眼による矯正視力が,0.3 未満で視覚による社会生活は可能であるが非常に不自由」な状態
(JIS S 0042(高齢者・障害者配慮設計指針-アクセシブルミーティング)より引用)

担当

産業技術環境局 国際標準課

公表日

平成28年4月21日(木)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.