経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール
  • 経済産業省ホーム
  • お知らせ
  • ニュースリリース
  • 2016年度一覧
  • 「始動 Next Innovator 2016 (グローバル起業家等育成プログラム)」に参加する起業家等の公募を開始しました~シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト~

「始動 Next Innovator 2016 (グローバル起業家等育成プログラム)」に参加する起業家等の公募を開始しました~シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト~

本件の概要

経済産業省では、起業家や大企業等の新事業の担い手を、国内研修を実施した上で、米国シリコンバレーに派遣する人材育成プログラム「始動 Next Innovator 2016」の公募を、本日から開始しました。国内研修、シリコンバレー研修での、投資家、起業家、先端イノベーターとの対話などを通じて、グローバル市場への進出や社会課題の解決といった、目線の高い新事業創出の担い手の育成を図ります。

1.「始動 Next Innovator 2016 (グローバル起業家等育成プログラム)」について

経済産業省では、安倍総理が昨年4月に米国シリコンバレーで発表した「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」として、ベンチャーに挑戦する人材、大企業で新事業に挑戦する人材等を広く募集・選抜し、シリコンバレー等に派遣して、現地の投資家や起業家との交流を通じて、次世代イノベーションのキーパーソンとして育成するプログラムを昨年度に引き続き実施します。
詳細については、以下の本プログラムの運営事務局ホームページをご確認ください。
http://sido2016.com/

2.昨年度の実施状況

「始動 Next Innovator 2015」には、全国から367名の応募があり、一次選抜を通過した起業家や大企業の新事業担当者など122名が3か月の国内プログラムに参加しました。国内プログラムでは、課題の発見、ソリューションの創出、組織の巻き込みなどの実践的な講座、実習を通じて、参加者が自らの事業プランを磨きました。その後、プログラム講師等からなる審査委員会による二次選抜において、事業プランの革新性や社会的なインパクト等を審査し、選抜された20名をシリコンバレーに派遣しました。シリコンバレーでは、現地の投資家や起業家等へ自らの事業プランをプレゼンするなど、イノベーションの最先端の地での実践を通じ、次世代のイノベーションの担い手に必要とされるマインドセットやスキルを体得するとともに、シリコンバレーの投資家や起業家のネットワークとの繋がりを形成しました。

担当

経済産業政策局新規産業室

公表日

平成28年4月27日(水)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.