経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

日・モンゴルEPAに関する企業向けセミナーを開催します~協定の概要と原産地証明制度について説明します~

本件の概要

経済産業省と日本貿易振興機構(JETRO)は、5月23日(月)に、日・モンゴル経済連携協定(日・モンゴルEPA)の概要と原産地証明制度に係るセミナーを開催します。現在モンゴルに輸出されている方やこれからモンゴルへ輸出を検討されている方、モンゴルへの投資を検討されている方等は是非ご参加ください。

1.背景

2015年2月に日・モンゴルEPAが署名されました。署名以降、両国で発効に必要な国内手続を進めてまいり、現在、発効のための最終調整を行っているところです。本協定を通じ、今後、日本とモンゴルとの間で更なる貿易の自由化・円滑化及び投資環境の整備が図られることにより、ビジネスチャンスの更なる拡大とともに、幅広い分野において互恵的な経済連携が深化し、両国経済が一段と活性化することが期待されます。

本セミナーでは、日・モンゴルEPAの概要に加え、日本とモンゴルとの経済関係や原産地証明制度について説明します。

<日・モンゴル経済連携協定の意義>

  • 貿易の拡大やエネルギー・鉱物資源分野等における投資環境の改善を通じて,モンゴルとの「戦略的パートナーシップ」を一層強化。
  • モンゴルからのエネルギー・鉱物資源の安定供給に寄与(石炭,ほたる石,レアメタルを輸入。モンゴルは,金,銅等も産出。)。
  • 民主化・市場経済化し,今後も中長期的な高成長が見込まれるモンゴルの経済成長を日本の経済成長に取り込む。
  • 物品貿易,サービス,投資,電子商取引,競争,知的財産等のルールを盛り込んだ包括的な協定。モンゴルにとって初の経済連携協定。

2.開催概要

日時:平成28年5月23日(月)14:00~17:30(受付時間 13:30~)
場所:日本貿易振興機構本部 5階展示場(港区赤坂1-12-32アーク森ビル)
内容:概要及び制度説明、質疑応答
定員:150名(無料、申込受付順、事前登録制)

3.プログラム内容

日・モンゴル経済関係の現状(仮)
日・モンゴルEPAの概要
日・モンゴルEPAにおける原産地証明制度について

4.申込み方法

セミナーの申込みについては以下のURLをご参照下さい。
https://www.jetro.go.jp/events/ora/437e6c342cb74570.html

担当

通商政策局 北東アジア課
通商政策局 経済連携課
貿易経済協力局 貿易管理部原産地証明室

公表日

平成28年5月2日(月)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.