経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

日ASEAN化学物質管理データベースの本格運用が開始されました~日ASEAN各国の化学物質規制情報等の共通基盤化を実現~

本件の概要

経済産業省は、AMEICC(日 ASEAN 経済産業協力委員会)の枠組みを活用して、ASEAN 各国と日 ASEAN 化学物質管理データベースを構築し、本年 4 月 28 日より NITE(ナイト)[独立行政法人製品評価技術基盤機構]にて本格運用を開始しました。本データベースには化学物質の各国規制情報や有害性情報のほか GHS 分類 結果や参考 SDS 等が収載されており、これらの情報を無料で入手することができま す。これにより、日本及び ASEAN各国の規制の透明性が高まり、日本及び ASEAN 内外の化学産業のコンプライアンスに関するリスク低減への貢献や、将来的には 規制制度の調和への貢献が期待されます。 

1.データベース構築の背景

2010 年から 2012 年にかけて ERIA(東アジア・アセアン経済研究センター)が実施した化学物質管理制度に関する研究成果を受け、2012 年の第 17 回 AMEICC WGCI(化学 ワーキンググループ)において、日 ASEAN 各国の化学物質規制情報や有害性情報の共通基盤を構築すること目指した日 ASEAN 化学物質管理データベースの構築が 決定されました。

2.日ASEAN化学物質管理データベースの構築

AMEICC WGCI の枠組みの下、日本と ASEAN 諸国の政府関係者、産業界等が一同に会して、データベースの構造、収載データの内容、ユーザビリティ(操作性)の向上 等について検討を進め、2015 年 4 月 6 日に試行版として ASEAN Japan Chemical Safety Database (AJCSD)を公開しました。その後、2 回の AJCSD 技術ワーキンググ ループにおいて正式版運用に向けて検討が重ねられ、2016 年 4 月 28-29 日のAMEICC WGCI において、2016 年 4 月 28 日に検索機能等を強化した正式版の運用 開始が承認されました。
 

AJCSDには、日本とASEAN各国の政府から直接提供された化学物質関連規制情報が収載されており、トップページ及び一部の検索画面は、日本語及びASEAN各国言語にも対応しています。特定の化学物質に対する各国の規制状況や、各国の法律における規制物質を一覧で見ることができます。また、GHS分類結果や参考SDS等も収載しています。今まで入手が必ずしも容易でなかったASEAN各国の規制情報に誰でもアクセスできるようになり、日本及びASEAN域内の化学品貿易の円滑化に寄与するものと期待されます。なお、正式版は、NITE化学物質総合情報提供システム(NITE-CHRIP)を構築・運用しているNITE(ナイト)[独立行政法人製品評価技術基盤機構]が、運用を行います。 

 3.データベースの概要

  • 正式名称:ASEAN-Japan Chemical Safety Database (略称AJCSD)
  • URL: http://www.ajcsd.org/
  • 言語:英語(トップページ及び多言語対応の検索画面のみ日本及びASEAN各国言語)
  • 運用機関:NITE(ナイト)[独立行政法人製品評価技術基盤機構]
  • 収載情報:化学物質に関する一般情報(化学物質名称、CAS番号、構造式等)、関連規制情報(日本及びASEAN各国)、リスク・ハザード情報、GHS分類結果、参考SDS
  • 使用料:無料

担当

製造産業局化学物質管理課

公表日

平成28年5月11日(水)

関連資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.