経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

高木経済産業副大臣が欧州に出張しました

本件の概要

高木経済産業副大臣は、4月30日(土)から5月5日(木)にかけて、欧州を訪問し、使用済燃料の再処理及び高レベル放射性廃棄物の最終処分の実施に係る関係要人との会談、最終処分に関する研究施設及び使用済燃料の再処理工場の視察を行いました。
 

1.使用済燃料の再処理及び高レベル放射性廃棄物の最終処分の実施に向けた関係要人との協力関係の構築

(1)スウェーデン

オスカーシャム自治体のレナ・グラナス副市長及び地域能力開発(LKO)運営責任者ボーディル・リドベリイェンソン氏と、高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する意見交換を行いました。
最終処分施設の受入れについて住民から高い支持を得ている同自治体が、住民の関心や理解をどのように深めてきたのか等、これまでの経験を聴取するとともに、地元でのコミュニケーション、信頼構築へ向けた取組のあり方等について参考となる知見を得ることができました。また、住民との対話において、既に発生した廃棄物を、原子力の恩恵を受けてきた現世代で解決するとの認識を広く共有することの重要性を確認することができました。
 

オスカーシャム自治体地域能力開発(LKO)運営責任者イェンソン氏との会談

【オスカーシャム自治体地域能力開発(LKO)運営責任者イェンソン氏との会談】
 

(2)フランス

フランスにおいて使用済燃料の再処理事業を実施しているアレバ社のレミー・オートベール上席執行副社長等と会談し、再処理事業に関する日仏の現状について意見交換を行いました。また、これまで同社が福島第一原子力発電所事故に伴う廃炉・除染について様々な支援を行ってきたこと等に関して謝意を述べるとともに、福島第一原子力発電所の廃炉対策等の現状について説明を行いました。先方から、再処理事業や廃炉・除染等に関して、引き続き、アレバ社が有する技術やノウハウを生かした連携や協力を惜しまないとの考えが示されました。

アレバ社レミー・オートベール上席執行副社長等との会談

 【アレバ社レミー・オートベール上席執行副社長等との会談】

 2.最終処分に関する研究施設及び使用済燃料の再処理工場の視察

(1)エスポ岩盤研究所・キャニスタ研究所の視察

スウェーデンにおいて、高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する研究を行っているエスポ岩盤研究所及びキャニスタ研究所を視察しました。
エスポ岩盤研究所では、地下約450mの深さの坑道において、地質学的な調査研究に加え、実用化レベルの工学的な研究も含めた様々な調査研究が進められている現状を確認しました。また、国際的な共同研究も多く進められており、研究開発から得られた成果が、他国の最終処分事業にも生かされていることを確認することができました。キャニスタ研究所では、キャニスタ封入技術について、これまでの原子力利用を通じて得られた技術・知見も生かしながら、着実に研究開発を進めている現状を確認することができました。

エスポ岩盤研究所の視察

 【エスポ岩盤研究所の視察】

(2)ラ・アーグ再処理工場の視察

フランスにおいて、アレバ社のラ・アーグ再処理工場を訪問し、使用済燃料の再処理施設などを視察しました。
ラ・アーグ再処理工場は、これまでの約40年にわたる操業で、約3.2万トンの軽水炉燃料を再処理した実績を有しています。まず、工場の概要について説明を聴取した上で、実際の再処理施設や使用済燃料プール、使用済燃料の輸送機器等を視察することができました。視察を通じて、徹底した施設の安全管理や従業員の被ばく管理を行うこと、改善を目指した訓練を継続して行いながら高い安全文化を醸成すること、周辺環境影響調査の実施等を通じた住民の理解醸成に取り組むこと等の重要性を確認することができました。

ラ・アーグ再処理工場の視察 ラ・アーグ再処理工場の視察

 【ラ・アーグ再処理工場の視察】

担当

資源エネルギー庁原子力立地・核燃料サイクル産業課

公表日

平成28年5月12日(木)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.