経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

炭素市場プラットフォーム第1回戦略対話を開催します

本件の概要

2015年6月に開催されたG7エルマウ・サミット首脳宣言において、G7首脳は炭素市場に関する戦略的な対話の場を設立することになりました。これを受けて、ドイツと2016年のG7議長国である日本が共同議長となり、最初の戦略対話として、平成28年6月16日(木)-17日(金)に「炭素市場プラットフォーム第1回戦略対話」を東京で開催いたします。

1.背景

2015年6月に開催されたG7エルマウ・サミット首脳宣言では、「低炭素成長の機会への投資にインセンティブを与えるため、我々は、世界経済全体に炭素市場ベースの手法や規制手法などを含む効果的な政策と行動を適用するとの長期的な目標にコミットし、他国に対して、我々に加わるよう要請する。我々は、世界銀行を含む関連するパートナーとの緊密な協力の下、自主的参加に基づく、これらに関する戦略的な対話の場を設立することにコミットする」ことが示されました。
 

その後、G7各国において、この戦略的な対話の場を具体化すべく検討を行ったところ、ドイツと2016年のG7議長国である日本が共同議長となり、東京において「炭素市場プラットフォーム第1回戦略対話」を開催することになりました。G7伊勢志摩サミット首脳宣言においても、本戦略対話の開催について言及されています。なお、この第1回戦略対話においては、G7各国に加えて、炭素市場及び規制手法の活用に取り組んでいる国や国際機関も参加します。

2.開催概要

①日時
2016年6月16日(木)9:00~18:00
     17日(金)9:00~15:00

②場所
第一ホテル東京
東京都港区新橋1-2-6
https://www.hankyu-hotel.com/hotel/dhtokyo/index.html

③主催
日本側:経済産業省、外務省、環境省
ドイツ側:環境・自然保護・建設・原子炉安全省

④参加予定の国・国際機関等
G7:日本、ドイツ、米国、英国、フランス、イタリア、カナダ、EU
G7以外の国:オーストラリア、ニュージーランド、インドネシア、ベトナム等
国際機関等:世界銀行、OECD(経済協力開発機構)、UNFCCC(気候変動に関する国際連合枠組条約)、ICAP(国際炭素行動パートナーシップ)

(参考1:G7エルマウ・サミット首脳宣言(仮訳) 抜粋)
低炭素成長の機会への投資にインセンティブを与えるため、我々は、世界経済全体に炭素市場ベースの手法や規制手法などを含む効果的な政策と行動を適用するとの長期的な目標にコミットし、他国に対して、我々に加わるよう要請する。我々は、世界銀行を含む関連するパートナーとの緊密な協力の下、自主的参加に基づく、これらに関する戦略的な対話の場を設立することにコミットする。

(参考2:G7伊勢志摩サミット首脳宣言(仮訳) 抜粋)
我々は,国内政策及びカーボン・プライシング(炭素の価格付け)などの手段を含めた,排出削減活動へのインセンティブの提供の重要な役割を認識する。我々は,炭素市場プラットフォームの設立及び東京で開催予定のその最初の戦略的対話を歓迎する。

担当

産業技術環境局地球環境連携室

公表日

平成28年5月31日(火)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.