経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「CGS研究会」(コーポレート・ガバナンス・システム研究会)を開催します

本件の概要

取締役会の役割として経営戦略決定や業績評価を中心に行うとともに、経営陣に個々の業務執行の決定を委任することで意思決定の迅速化を図るガバナンス体制を志向する企業が増加しています。経済産業省は、こうした企業の動向を踏まえ、我が国の制度や実態を踏まえた取締役会の機能向上(モニタリング機能の強化)を図る場合の考え方や実務について検討を行うため、「CGS研究会」を開催します。

1.背景

経済のグローバル化や第4次産業革命など、経営環境の変化や経営課題の複雑化が進む時代において、最高経営責任者(CEO)を含む経営陣は、非連続な変化にスピード感を持って果断な対応を行うことがますます求められていきます。

我が国のコーポレートガバナンス改革については、会社法の改正、コーポレートガバナンス・コードやスチュワードシップ・コードの策定など、コーポレートガバナンスに関する「枠組み」の整備が進んでおり、各企業がそれらを踏まえてガバナンス体制の構築やその実効性の向上に取り組んでいる状況です。

そのような状況の中で、社外取締役の導入による取締役会の構成の多様化等を踏まえ、取締役会の役割として、経営戦略決定や業績評価を中心に行うとともに、経営陣に個々の業務執行の決定を委任することで意思決定の迅速化を図るガバナンス体制を志向する企業が増加しています。

こうした企業ニーズに対応するべく、国内外の制度や取組事例を整理した上で、我が国の制度や実態を踏まえた取締役会の機能向上(モニタリング機能の強化)を図る場合の考え方や実務について検討を行うため、「CGS研究会」(コーポレート・ガバナンス・システム研究会)を開催します。

2.本研究会の取組

本研究会では、①取締役会の役割・機能、②CEOの選定・後継者計画、インセンティブ付与、③社外取締役の役割、社外取締役の人材の質的・量的な向上、④監査等委員会設置会社の活用などのテーマを中心に取り上げ、国内外の制度や取組事例を整理するとともに、我が国の制度及び実態を踏まえ、取締役会の機能向上を図るに当たっての考え方や取組についての検討を行います。

3.今後の予定

以下の日程で第1回研究会・第2回研究会を開催します。

第1回:平成28年7月1日(金曜日)午前8:00~10:00(公開)
第2回:平成28年7月19日(火曜日)午前8:00~10:00(非公開)

第3回以降は月1回程度開催し、平成29年2月頃を目途に報告書を取りまとめる予定です。

※第1回の傍聴を希望の方は、以下開催案内のページから傍聴登録をお願いいたします。
 

担当

経済産業政策局産業組織課

公表日

平成28年6月23日(木)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.