経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

レアアース堆積物の資源ポテンシャル評価報告書を取りまとめました

本件の概要

経済産業省及び独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、「海洋基本計画」及び「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」に基づき、平成25年度から3年間にわたり、南鳥島の排他的経済水域に賦存するレアアース堆積物の賦存状況の調査や基礎的な採泥技術の検討などを実施し、このたび、資源ポテンシャル評価として取りまとめました。
 

1.背景

我が国周辺海域に賦存する海洋鉱物資源は、海外に資源供給の大宗を依存している我が国にとって、将来の新たな供給源としての可能性が期待されています。

このため、経済産業省及び独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、レアアース堆積物について、「海洋基本計画」(平成25年4月26日閣議決定)及び「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」(平成25年12月24日経済産業省策定)に基づき、平成25年度から3年間にわたる調査・研究を実施しました。

2.調査結果

賦存状況の調査については、3年間の試料採取により、レアアース高濃度分布域を把握し、この海域の資源量を予測しました。開発に向けた技術については、大水深下からの採泥・揚泥技術について基礎的な調査を実施し、将来の生産システムの方向性を示しました。また、これらに基づく資源ポテンシャルの評価を行いました。

今次調査は、現時点で得られたデータに基づく評価を行ったものですが、将来の開発可能性を見極めるためには、国内外の技術開発動向等を注視しつつ、更なる調査研究を進める必要があるとして、今後取り組むべき課題を提言として整理しております。

担当

資源エネルギー庁資源・燃料部鉱物資源課

公表日

平成28年7月6日(水)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.