経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

各国の特許審査に関連する情報が一括で参照できます

本件の概要

特許庁は、五大特許庁への出願に加えてPCT国際出願等の特許審査に関連する情報を、世界で初めて一括把握できるサービスを始めます。これにより、ユーザーはグローバルな審査情報をワンストップで得ることができます。

1.背景

企業活動のグローバル化に伴い、知財分野では複数の国や地域で同一の発明が出願されています。このため、特許庁は、日米欧中韓の五大特許庁及び世界知的所有権機関(WIPO)との間で、特許審査に関連する情報(ドシエ情報)を各庁で共有するためのシステム整備の協力を進めてきました。
この度、特許庁は、ドシエ情報共有サービスのユーザーへの提供を開始しました。
これにより、グローバルな知財戦略に役立つ特許審査の情報をワンストップで得ることができます。

2.ドシエ情報の提供サービスの概要

7月25日から、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を介して、ドシエ情報の提供サービス(ワン・ポータル・ドシエ(OPD))を開始します。

主な特徴は以下のとおりです(本サービスの画面イメージについては、別紙を御参照ください)。

  • 五大特許庁や、WIPO-CASE1参加庁のドシエ情報(PCT国際出願を含む)を見やすい形式で一括参照することが可能。例えば、各国における手続や審査の状況を一括で把握することができ、また、各種書類データを容易に取得することができます。なお、WIPO-CASE参加庁(※)を含めたドシエ情報の一括提供は、世界初。
  • 各庁のドシエ情報の英訳も提供されるため、例えば、中国への出願に対する拒絶理由通知書について、中国語と英語で取得することが可能。
  • 各庁のデータベースをリアルタイムに検索するため、最新の情報を得ることが可能。
  • その他、書類の種別によるフィルタ機能、付与された分類や引用された文献の一覧表示機能等、必要な情報をまとめて参照するための様々な機能を利用することが可能。

1 WIPOが開発したドシエ情報共有システム。

※ WIPO-CASE参加庁のうち、ドシエ情報の公衆提供を許諾している庁はカナダ、WIPO(PCT国際出願)。今後、更なる拡大が期待される。

ドシエ情報の提供サービス外部リンク

担当

特許庁総務課情報技術統括室

公表日

平成28年7月25日(月)

発表資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.