経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

平成28年度高圧ガス保安活動促進週間を実施します

本件の概要

平成28年10月23日(日曜日)から、平成28年度高圧ガス保安活動促進週間を実施します。
高圧ガス保安活動促進週間を通じて民間事業者等の高圧ガスの保安に関する活動を促進し、高圧ガスによる災害を防止するために各地の実情に即した行事を行い、高圧ガスの保安活動の促進を図ります。

1.概要

高圧ガス保安活動促進週間は、高圧ガス(一般消費者等が使用する液化石油ガスも含む)の保安に関する活動を促進し、高圧ガスによる災害を防止し、公共の安全を確保することを目的としています。各地の実情に即した行事を行い、高圧ガスの保安意識の高揚及び保安活動の圧促進を図ります。

2.期間

平成28年10月23日(日曜日)~29日(土曜日)

3.重点目標

今年度の高圧ガス保安活動促進週間の重点目標は、事故の発生状況等を踏まえて以下のとおりとします。

(1)高圧ガス保安法関係

①運転・操作上(ソフト)の要因による人的被害が多いことにも留意した各事業所における自主保安意識の高揚並びに保安対策に係る教育・訓練の徹底及び見直しによる保安力の向上
②各事業所において、IoT・ビッグデータ等を活用するとともに、その効果を適切に検討し、改善の取組を行う。
③非定常運転又は作業におけるリスクマネジメント、リスクアセスメントの意義と重要性の理解及び普及の促進
④事業所における地震・津波等による大規模災害に対する防災意識の高揚及び防災対策の促進
⑤高圧ガス製造事業所等における設備の管理方法の見直し及び漏えい等の未然防止
⑥高圧ガス利用者(特に、溶接・溶断を行う者並びにコールドエバポレータ及び空調設備等の利用者)における保安意識の向上
⑦タンクローリ、バラ積みトラックにおける高圧ガス移動時の保安対策の推進
⑧残ガス容器のくず化に係る取扱いの周知の徹底
⑨高圧ガス販売先における充てん容器等の盗難防止対策の徹底
 

(2)液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律関係

①業務用消費者に対して、CO中毒事故防止、燃焼器具の適切な使用方法及び業務用換気警報器・CO警報器の設置促進に重点を置いた周知の徹底
②一般消費者等に対して、LPガス販売事業者等が行っている保安業務の内容及び消費機器の維持管理方法、CO中毒事故防止対策、ガスが漏えいした場合の適切な対処方法の周知
③高齢者及び一人暮らしの消費者に対してLPガス設備を安全に使用するための保安啓発

4.高圧ガス保安活動促進週間ポスター

今年度の高圧ガス保安活動促進週間のキャッチコピーは、「「誰かやる」思う心が危険源」で、「誰かが対応してくれるだろう」の人任せが危険源を見逃し、重大な危機を招くことを、バレーボールのプレーヤーになぞらえています。


平成28年度高圧ガス保安活動促進週間ポスター

担当

商務流通保安グループ 高圧ガス保安室

公表日

平成28年8月23日(火)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.