経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

第9回海洋立国推進功労者表彰受賞者を発表します

本件の概要

文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省及び環境省が内閣官房総合海洋政策本部事務局の協力を得て実施している「第9回海洋立国推進功労者表彰」について、本日、4名3団体が表彰されましたので、お知らせいたします。

1.海洋立国推進功労者表彰の概要

海洋政策を強力に推進し新たな海洋立国日本の実現を図るためには、海洋に関する国民の理解の増進を図ることが不可欠であり、海洋基本法においても、国がそのための普及啓発活動等に取り組むべきことが規定されています。

このため、平成20年より「海洋立国推進功労者表彰」を設け、科学技術、水産、海事、環境など海洋に関する幅広い分野における普及啓発、学術・研究、産業振興等において顕著な功績を挙げた個人・団体を表彰し、その功績をたたえ広く紹介することにより、国民の海洋に関する理解・関心を醸成する契機としています。なお、本表彰は海洋基本法に基づく海洋基本計画にも位置づけられています。

2.受賞者概要

(1)「海洋立国日本の推進に関する特別な功績」分野

部門 氏名・名称 所属 功績事項
普及啓発 鹿児島県立鹿児島水産高等学校 地球環境に貢献する海象・資源調査及び海運業界後継者育成
普及啓発 小宮山宏 株式会社三菱総合研究所 総合的な我が国海洋政策の推進に関する取組
科学技術 植松光夫 東京大学大気海洋研究所 海洋・大気科学における多分野横断型研究

(2)「海洋に関する顕著な功績」分野
 

部門 氏名・名称 所属 功績事項
科学技術振興 見延庄士郎 北海道大学大学院理学研究院 海洋と大気の物理的な相互作用の研究
水産振興 東安房漁業協同組合営漁計画実行委員会連絡協議会 東安房漁業協同組合 アワビ輸採方式の開発と確立
海事 三原廣茂 有限会社三原汽船 内航船における我が国初となる女性管理職の登用
自然環境保全 日生町漁業協同組合 アマモ場の再生

<参考>
海洋基本計画外部リンク(平成25年4月閣議決定) 

12海洋に関する国民の理解の増進と人材育成
(3)海洋に関する国民の理解の増進
海洋分野における普及啓発、学術推進、研究、産業振興等において顕著な功績を挙げた個人・団体に対して、海洋立国推進功労者表彰を継続的に実施する。

担当

資源エネルギー庁資源・燃料部政策課

公表日

平成28年8月25日(木)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.