経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

日本の伝統的工芸品をフランス・パリでPRします! ~(一財)伝統的工芸品産業振興協会パリ・ショールーム開設~

本件の概要

本年10月1日(土)に欧米全体のトレンド発信地であるフランス・パリに、日本の伝統的工芸品をPRするための常設ショールームを開設します。100年以上の歴史を有し、日本特有の風土の中で培われた究極の技と美を備えた伝統的工芸品の魅力を、パリから「DENSAN」として世界に発信します。
 

1.趣旨

ファッションやアート、デザイン市場において、フランス・パリは世界的に強い影響力を持っており、現地のバイヤー等と共に強力なブランド価値を築く事で、世界に市場を広げることが期待できます。このような地に伝統的工芸品をPRできる拠点を設け、伝統的工芸品を「DENSAN」ブランドとして広く世界に訴求し、多様な文化の中で取り入れられることを目指しています。
 
一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会は、経済産業省の支援を得て、フランス・パリ市内に常設の展示場を設け、日本各地の伝統的工芸品を紹介します。東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、日本の文化や食生活への関心が高まっているこの機会をとらえて日本の伝統的工芸品の良さをPRし、海外市場獲得・ビジネス化につなげます。
 

2.事業概要

  • 店舗名:ESPACE  DENSAN

  • 期間:2016年10月1日(土)~ 

  • 住所:8bis, rue Villedo 75001 Paris (Maison Wa内)

  • 主な役割:①高品質な手工業品を求めるバイヤー、インフルエンサー、メディア等に対するPR
    ②伝統的工芸品のBtoB商談
    ③伝統的工芸品産地事業者へのフィードバック 

 
(展示場イメージ)

3.伝統的工芸品産業の振興に関する法律及び一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会について

昭和49年に「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」が制定され、経済産業省では各種事業を通して伝統的工芸品産業の振興を図っています。日本各地には陶磁器、漆器、染織、和紙など多様な工芸品があり、なかでも伝産法に基づき経済産業大臣の指定を受けている伝統的工芸品は現在222品目に亘ります。
一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会は全国の伝統的工芸品を束ねる唯一の団体として設立され、様々な事業を通じ、伝統的工芸品の振興を推進しています。

担当

製造産業局生活製品課伝統的工芸品産業室

公表日

平成28年9月26日(月)

関連資料

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.