経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

世耕経済産業大臣がサウジアラビア王国に出張しました

本件の概要

世耕経済産業大臣は10月8日(土)から9日(日)の日程で、サウジアラビア王国(リヤド)を訪問しました。日・サウジ・ビジョン2030共同グループに出席したほか、サルマン国王及びムハンマド・ビン・サルマン副皇太子への表敬訪問、ファキーフ経済企画大臣、アル=カサビ商業投資大臣、アル=ファーレフ・エネルギー・産業・鉱物資源大臣との会談等を行いました。
 

 1. 日・サウジ・ビジョン2030共同グループ(9日)

本年9月に安倍総理とムハンマド・ビン・サルマン副皇太子が立ち上げに合意した「日・サウジ・ビジョン2030共同グループ」に出席しました。同会合には、日サ合わせて33の省庁・機関が参加し、今後の協力を包括的に進める体制が整いました。
世耕大臣から①サウジ・ビジョン2030とアベノミクスのシナジー、②産業構造の転換に向けた協力の幅の拡大、③エネルギー分野の重層的な協力を軸とし、投資国家としての成長や国内産業の転換といったサウジアラビアが目指す姿の実現に協力していく意思を表明し、サウジアラビア側から歓迎されました。
また、具体的な行動に向け集中的に議論するために「貿易・投資機会」、「投資・ファイナンス」、「エネルギー・産業」、「中小企業・能力開発」、「文化・スポーツ」の主要テーマ毎にサブグループを設置し、来年の春または夏に東京で第二回閣僚級会合を行うことで一致しました。
 
  
 

2.サルマン国王及びムハンマド・ビン・サルマン副皇太子への表敬訪問(9日)

サルマン国王及びムハンマド・ビン・サルマン副皇太子への表敬訪問では、日本とサウジアラビアが極めて良好な関係にあることを確認し、3つの軸をもって同共同グループに全力で取り組む意思を表明したところ、日本の姿勢が評価されるとともに、今後の日サ関係強化に向けた強い期待が表明されました。
 

3. ファキーフ経済企画大臣、アル=カサビ商業投資大臣、アル=ファーレフ・エネルギー・産業・鉱物資源大臣との会談(9日)

(1) 「日・サウジ・ビジョン2030共同グループ」に出席した3閣僚それぞれとバイ会談を行いました。日サともに省庁横断で、官民を挙げた形で協力に取り組んでいくことで一致しました。また、サウジ・ビジョン2030の実現のために特に有意義なプロジェクトを円滑に推進するために集中的に支援していくことを提案し、理解が得られました。
(2) アル=カサビ商業投資大臣との会談では、中小企業の発展がサウジ・ビジョン2030にとって最重要事項の一つである旨説明がありました。
(3) アル=ファーレフ・エネルギー・産業・鉱物資源大臣との会談では、従来の石油・ガスに限られず、省エネ、再エネなど重層的なエネルギー協力を進めていくことで一致しました。また、同大臣からは、産業の多角化、特にサプライチェーンの構築を目指す意向及び日本の協力への期待が示され、世耕大臣からはサウジの産業多角化に協力していく旨回答しました。

    
<ファキーフ大臣との会談>      <アル=カサビ大臣との会談>                                 


<アル=ファーレフ大臣との会談>
 

4. 世耕大臣及びサウジ側3閣僚と日本企業幹部の会談(9日)

同行した日本企業約30社と「日・サウジ・ビジョン2030共同グループ」に出席したサウジ3閣僚との会談に同席しました。日本企業から「サウジ・ビジョン2030」への積極的な貢献の意図と個別プロジェクトの紹介を行ったのに対し、サウジ側閣僚から、日本企業の取り組みを評価し、サウジとしても積極的に支援していく等の意見が聞かれました。

  
 

(別添)第1回日・サウジ・ビジョン2030共同グループ閣僚級会合会議録(Record of Discussion)の概要

担当

通商政策局 中東アフリカ課

公表日

平成28年10月11日(火)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.