経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

日米IoT分野の協力に係る覚書への署名が行われました

本件の概要

10月3日、IoT推進コンソーシアム(ITAC)と、米国のインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)及びオープンフォグ・コンソーシアムとの間で、IoT分野の協力に係る覚書への署名が行われました。今後、こうしたIoT分野の取組み等を進めることにより、第四次産業革命の実現に向けた動きを加速していきます。

1.背景

2015年10月に産学官の枠組みであるIoT推進コンソーシアム(ITAC)が設立され、その後、IoT分野での国際連携について、米国のインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)及びオープンフォグ・コンソーシアムとの間で協議が進められ、今般、IoT分野の協力に係る覚書を締結することが合意されました。

2.覚書のポイント

IoT推進コンソーシアム(ITAC)とインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)は、共通のアーキテクチャ理解に基づいた分野別の実証や、それを踏まえた標準化等に向けた取組みを実施していきます。(詳細は別紙1参照)
 
また、IoT推進コンソーシアム(ITAC)とオープンフォグ・コンソーシアムは、特にリアルタイム性や大量のデータ処理等が求められる分野のIoTソリューションを見据え、分散型コンピューティングを意識した実証や標準化等に向けた取組みを実施していきます。(詳細は別紙2参照)

(IoT推進コンソーシアム(ITAC)とインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)との署名式) (IoT推進コンソーシアム(ITAC)とオープンフォグ・コンソーシアム(OpenFog Consortium)との署名式)
(左:IoT推進コンソーシアム(ITAC)とインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)との署名式、右:IoT推進コンソーシアム(ITAC)とオープンフォグ・コンソーシアム(OpenFog Consortium)との署名式)

 (参考1)IoT推進コンソーシアム(ITAC)
2015年10月に、経済産業省と総務省の協力の下、IoT(Internet of Things)、ビッグデータ、人工知能がもたらす第四次産業革命に対応し、企業・業種の枠を超えて産学官で利活用を推進する枠組みとして設置。会員数約2,400社(2016年10月現在)。具体的には、複数のWGのもとで、IoT関連技術の開発・実証や新たなビジネスモデルの創出等の取組を実施。
 
(参考2)インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)
AT&T、CISCO、GE、IBM、Intel米国5社を創設メンバーに、2014年3月に設立。産業市場におけるIoT関連の産業実装を推進。
 
(参考3)オープンフォグ・コンソーシアム(OpenFog Consortium)
ARM、CISCO、Dell、Intel、Microsoft、プリンストン大学等が中心となり、2015年11月に設立。オープンアーキテクチャー及び分散(処理)コンピューティングの(Fogコンピューティング技術)の開発を推進。

担当

商務情報政策局 情報通信機器課

公表日

平成28年10月11日(火)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.