経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

世耕経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣がロシア連邦に出張しました

本件の概要

世耕経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣は11月2日(水曜日)から6日(日曜日)の日程で、ロシア連邦(モスクワ)を訪問しました。ノヴァク・エネルギー大臣との間で「日露エネルギー・イニシアティブ協議会」第1回会合を、ウリュカエフ経済発展大臣との間で「「協力プラン」の具体化に関する日露ハイレベル作業部会」第1回会合をそれぞれ開催したほか、シュヴァロフ第一副首相及びガルシュカ極東発展大臣等と会談を行いました。
 

1.日露エネルギー・イニシアティブ協議会第1回会合(3日午前)

ノヴァク・エネルギー大臣とともに「日露エネルギー・イニシアティブ協議会」の第1回会合を開催し、日露のエネルギー分野での協力についての議論を行いました。具体的には、炭化水素、省エネルギー・再生可能エネルギー、原子力の3つの分野でそれぞれワーキンググループを設置し、石油ガスの上流共同開発や風力発電の導入促進、福島第一原発の廃炉協力等を加速していくことで一致しました。
 

  

2.「協力プラン」の具体化に関する日露ハイレベル作業部会第1回会合(3日午前)

本作業部会では、関係省庁の幹部を交えて、8項目の「協力プラン」の項目毎に、これまでの事務レベルでの調整状況を確認するとともに、今後の協力の内容や進め方について、ウリュカエフ経済発展大臣と協議を行いました。
これまで日露双方から提案されてきた個別プロジェクトについては、絞り込みの議論を行い、プーチン大統領の訪日を念頭に、30件程度のプロジェクトについて12月中旬までに優先的に準備していくべく、検討を加速化することに合意しました。
また、諸般の事情が許せば、今月中旬にAPEC が開催されるペルーにおいてウリュカエフ大臣と会談を行い、8 項目の「協力プラン」の具体化に関する作業計画を取りまとめるべく、作業を加速化していくことに合意しました。
   

3.シュヴァロフ第一副首相との会談(3日午後)

双方は、11 月中旬にペルーで開催されるAPECの際に行われる日露首脳会談及び12 月のプーチン大統領訪日の準備を念頭に、8 項目の「協力プラン」の具体化に関する進め方に関し、議論を行いました。
世耕大臣から、同日のハイレベル作業部会の結果を踏まえ、APECが開催されるペルーにおいて8 項目の「協力プラン」の具体化に関する作業計画に一致できるよう、ウリュカエフ経済発展大臣と共に精力的、効率的に作業を進めていく旨述べた上で、同第一副首相の下、露側の作業推進を要請しました。

  

4.ガルシュカ極東発展大臣との会談(4 日午前)

双方は、3 日に行われた「「協力プラン」の具体化に関する日露ハイレベル作業部会」第1 回会合における合意を踏まえ、8 項目の「協力プラン」の極東部分の具体化に関し、議論を行いました。
 

  

5.ミヘルソン・ノヴァテク社長との会談(5日午前)

今後のロシアの石油ガス開発の展望、LNG市場のあり方及びエネルギー分野を始めとした日露経済協力に関する意見交換を行いました。

6.コサチョフ連邦院(上院)議員他との会談(5日午後)

世耕大臣から8項目の「協力プラン」について説明を行うとともに、「参議院自由民主党・日露議員懇話会」会長として、連邦院との関係強化に向けた今後の交流の在り方について、各議員との間で活発な意見交換を行いました。

担当

通商政策局欧州課
大臣官房参事官
資源エネルギー庁長官官房国際課

公表日

平成28年11月8日(火)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.