経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

国際資源循環の促進に向けた G7資源効率アライアンスワークショップを開催します!

本件の概要

経済産業省は、平成 28年 12月 14日(水)午後1時からイイノホール&カンファレンスセンター(千代田区内幸町)において「G7資源効率アライアンスワークショップ~国際資源循環~」を開催します。 本ワークショップへの参加は事前登録制です(参加費無料)。
 

1.趣旨・概要

我が国は、世界に先駆けて、環境負荷を減らし、資源の効率的な利用を進めていく3R(スリーアール)に取り組んできました。昨年のドイツ・エルマウサミットにおいて、資源効率性の高い社会を実現するためのベストプラクティス共有のプラットフォームとして「資源効率に関するG7アライアンス」の設立が合意され、また、本年5月の伊勢志摩サミットにおいても、資源の効率的な利用によって、環境、気候等の保護とともに、イノベーションや経済成長の促進を目指すことが確認されました。 二次資源や再生部品等を含む循環資源の国際的な移動はもはや常態であり、資源効率を考慮する際に、国際資源循環の観点は不可欠です。ある国で需要が無く、埋め立てするしか無いようなものであっても、他の国では循環資源として需要がある場合があります。国際資源循環には、各国での汚染の適切な管理や移動に係る資源消費などの課題も考えられますが、その一方で、適切なリサイクル技術・システムが無い国から循環資源を移動させリサイクルを行うことによって、資源の有効活用と環境負荷低減を同時に達成することも可能になります。本ワークショップでは、こうした国際資源循環の促進に向けた取組や、国際資源循環に係る課題の克服に向け各国政府・企業の取組についての優良事例を共有し、グローバルな資源効率を向上させるべく、適切な国際資源循環を促進していくための協力に関する認識を共有することを目的としています。

2.開催日時・場所

日時:平成 28 年 12月 14 日(水)13時 00分~17時 40分※12:30より受付開始.
場所:イイノホール&カンファレンスセンター Room A1+A2+A3(東京都千代田区内幸
町 2-1-1 飯野ビルディング)

3.プログラム

詳細は別添資料参照。

13時 00分~  開会 
13時 10分~  基調講演(3件) 
14時 35分~  優良事例発表(6件) 
16時 30分~  パネルディスカッション 
17時 30分~  閉会 
 

4.参加申込方法

下記ウェブサイトの申込フォームより、必要事項をご記入の上、お申し込みください。なお、定員となり次第受付を締め切らせて頂きます(予定参加者数 150名程度)。
申込フォーム日本語版:http://www.keieiken.co.jp/G7_re
申込フォーム英語版:http://www.keieiken.co.jp/G7_re/e

5.参加申込方法等に関するお問い合わせ先

参加申込方法等に関する詳細は、経済産業省の委託先である事務局(エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所内)までお問い合わせください。
株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
G7資源効率アライアンスワークショップ事務局
電子メール:g7ws_2016_re@keieiken.co.jp

担当

産業技術環境局 リサイクル推進課

公表日

平成28年11月17日(木)

関連資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.