経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

World Robot Summitの開催形式及び競技種目を決定しました

本件の概要

経済産業省と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2020年に開催するWorld Robot Summitの開催形式及び競技種目を決定しました。

1.趣旨

2015年に策定された「ロボット新戦略」に基づき、2020年にWorld Robot Summit(ロボット国際大会)を開催します。
本大会は、世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させて、各課題を解決すると同時に、人々のロボットへの理解を深め、ロボットの活用に関する積極的な議論を誘発し、具体的な利活用方法が生み出される機会とします。

2.開催地

2020年本大会は、「愛知県空港島大規模展示場」で開催します。また、特別な施設が必要なインフラ・災害対応分野の一部の競技については、「福島ロボットテストフィールド」で実施します。

3.競技種目

競技種目は、3分野(ものづくり、サービス、インフラ・災害対応)の計6種目に、ジュニア競技を加え、全7種目を実施予定です。

4.展示

競技大会に併設する形で、展示会を開催し、ロボット導入の事例を世界に発信する機会とします。

※本件の詳細は、別添資料「World Robot Summitについて」をご覧下さい。

担当

製造産業局産業機械課ロボット政策室

公表日

平成28年12月2日(金)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.