経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

シンポジウム「地球温暖化防止に向けての対策 -第6次評価サイクルにおけるIPCCの活動と今後の取り組み-」を開催します

本件の概要

経済産業省は、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」において「第6次評価報告書」や「1.5℃気温上昇に関する特別報告書」の作成に向けた議論が本格化していることを受け、これらの報告書における気候変動の緩和に関する重要な論点やIPCCの今後の取り組み課題等について理解を深めるため、平成29年1月26日(木曜日)、発明会館(東京都港区虎ノ門2-9-14)においてシンポジウムを開催します。
 

 1.概要

気候変動の国際交渉では、2015年12月の国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において採択された、2020年以降の温暖化対策に関する国際枠組み「パリ協定」が、2016年11月に発効しました。直後に開かれた第22回締約国会議(COP22)において同協定の具体的な実施ルールの採択に向けた作業計画が合意される等、公平かつ実効的な枠組みを構築するための議論が着実に進められています。
 
温暖化に関する最新の科学的知見を提供する役割を担う「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」においても、パリ協定の採択・発効を受けて、2015年から2022年までの「第6次評価サイクル」における各種報告書作成に向けた作業が加速しています。2016年10月には、COP21で提供を招請された「1.5℃気温上昇(産業革命前比)による影響とそれに関連する排出経路に関する特別報告書」のアウトライン(章立て)が決定しました。また、「第6次評価報告書」については、作成スケジュールが2016年4月に合意されており、2017年5月にはアウトラインに関する議論が開始される見込みです。
 
こうした動きを踏まえ、IPCC各種報告書のアウトラインやその内容に関する概要、盛り込まれるべき重要な論点や今後の取り組み課題等に関して議論を行い、理解を深めるため、シンポジウムを開催します。
 
本シンポジウムでは、上記論点に関して、IPCC第三作業部会(温室効果ガスの排出削減等、気候変動の緩和に係る作業部会)の共同議長であるシュクラ博士をはじめとする国内外の専門家よりご講演を頂き、更に、後半のパネルディスカッションでは、各界からの有識者にも加わって頂き、IPCCへの期待と課題、および温暖化対策への取り組み方について議論を行う予定です。
 

2.日程等

日時: 平成29年1月26日(木曜日) 13:00~17:15(受付開始:12:30)
会場: 発明会館 地下ホール(東京都港区虎ノ門2-9-14)
主催: 経済産業省
共催: 公益財団法人地球環境産業技術研究機構
内容: 講演、パネルディスカッション、他(日英同時通訳あり)
定員: 250名(無料・事前登録制)
※シンポジウムの詳細については、別添資料、又はシンポジウム運営事務局ホームページをご参照下さい(下部にURL記載)
 

3.参加申込みについて

参加費無料、事前登録制となっております。
平成29年1月20日(金曜日)までに、下記URLよりお申し込み下さい。なお、定員になり次第締切らせて頂きます。
 
■シンポジウム運営事務局:シンポジウム詳細、申し込み受付
 公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE) ホームページ
 

担当

産業技術環境局 環境政策課 地球環境対策室

公表日

平成28年12月22日(木)

発表資料

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.