経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

『「未来の教室」とEdTech研究会』を設置します~産業と地方創生の未来を切り拓く人材育成の場とEdTechの姿を考えます~

本件の概要

世界各国では「創造性」「課題解決力」「科学技術」を重視した教育改革が進み、様々なEdTech(革新的な教育・人材開発技法)の教育現場への実装が進んでいます。こうした潮流を意識し、日本の産業や地方創生の未来を切り拓く人材育成を進めるべく、(1)就学前教育・学校教育・リカレント教育の場の未来の姿(「未来の教室」)と、(2)そのために開発すべきEdTechの姿、(3)その開発と教育現場への導入に向けた諸課題を検討する研究会を設置します。
第1回研究会を1月19日(金曜日)午前9時30分より経済産業省内で開催します。

1.背景

米国・中国はじめ各国の教育現場では、「創造性」「課題解決力」「科学技術」等に重点を置いたEdTechの実装が進み、世界的に人材開発競争が激化する中、日本の教育現場(家庭・保育所・学校・大学・企業研修の場等)は、産業・地方創生の未来を切り拓く人材(チェンジ・メイカー)を育てる場へと進化していく必要があります。
※EdTechはEducationとTechnologyを組合せた造語。デジタル技術活用・個別学習・文理融合・教科横断等の特徴。(1)データをもとに個々の興味関心・習熟度に応じて学びを提供するプログラム、(2)どこでも最高の講義を受けられる大規模公開オンライン講座(MOOCs)、(3)文理融合的で探究的な学びを提供するサービス(STEAM学習)など様々。

こうした問題意識から、就学前教育・学校教育・リカレント教育の現場が目指すべき「未来の教室」の姿と、必要なEdTechの開発の方向性、その導入に向けた課題を検討するための研究会を設置します。

この研究会は、11月から開始した「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(省内)で示される人材像・人材移動の姿を意識し、また文部科学省が告示した新学習指導要領の実現に向けて学校現場をサポートすることを意識し、産業界・地域社会と一体となって「未来の教室」を実現するための議論の場となります。

第1回研究会は、2月から開始するワークショップに向け、事務局と各委員からのプレゼンテーションをもとに、今後の検討の方向性を整理します。

2.開催日時・場所

日時:平成30年1月19日(金曜日) 9時30分~12時00分
場所:経済産業省 本館17階 第1特別会議室

3.委員

森田 朗  津田塾大学総合政策学部教授/東京大学 名誉教授【座長】
佐藤 昌宏 デジタルハリウッド大学大学院 教授【座長代理】
井上 浄  株式会社リバネス 取締役副社長CTO、慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任准教授
北野 幸子 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 准教授
木村 健太 広尾学園中学校・高等学校 医進・サイエンスコース統括長
工藤 勇一 千代田区立麹町中学校 校長
熊平 美香 昭和女子大学ダイバーシティ推進機構 キャリアカレッジ学院長
戸ヶ崎(崎の大は立) 勤 戸田市教育委員会 教育長
中島さち子 ジャズピアニスト、(株)steAm 代表取締役、東京大学大学院数理科学研究科 特任研究員
樋口 美雄 慶應義塾大学商学部 教授
水谷 智之 (一財)地域・教育魅力化プラットフォーム 代表理事
宮島 香澄 日本テレビ報道局経済部 解説委員
※研究会委員のほか、ワークショップには各分野の専門委員30名程度が参画します。

4.今後の予定

2月から分野別のワークショップを経て、3月に中間とりまとめ、5月末を目途にとりまとめを行う予定です。

担当

商務・サービスグループ サービス政策課
教育サービス産業室長 浅野
担当者: 日髙、坂本、宮田、石澤
電話:03-3501-1511(内線 4021)
03-3580-3922(直通)
03-3501-6613(FAX)

公表日

平成30年1月16日(火)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.