経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「緑の気候基金(GCF)プロジェクト形成促進セミナー」を開催します~参加者募集中です!~

本件の概要

経済産業省は、環境省と共催して、平成30年3月9日(金曜日)にTKP新橋カンファレンスセンターにおいて「緑の気候基金(GCF)プロジェクト形成促進セミナー」を開催します。
当日は、GCFプロジェクト形成に向けたポイントについて、国内外の主要機関から説明をして頂きます。ご関心ある方々のご参加をお待ちしています。

1. 概要

GCFは、2010年に開催された国連気候変動枠組条約第16回締約国会議(COP16)において、途上国への資金提供手段の一つとして設立することが合意されました。GCFに対しては、これまでに日本からの15億ドルを含めて、世界全体で103億ドルの拠出表明がされています。
GCFは、途上国における温室効果ガス排出削減や気候変動への適応対策に資するプロジェクトをこれまで54件採択(平成30年2月9日現在)しています。日本政府としても、我が国の優れた低炭素技術の普及等を通じた途上国支援を進めるために、GCFの資金が有効に活用されることを期待しています。
「緑の気候基金(GCF)プロジェクト形成促進セミナー」では、GCFプロジェクト形成に向けたポイントについて、GCF事務局、GCF認証実施機関(AE)となるJICA、三菱東京UFJ銀行から事業方針や現在の取組を紹介していただくとともに、途上国のニーズや日本企業の取組事例について紹介します。GCFプロジェクトの形成に携わる国内外の主要機関が一同に会する貴重な機会となります。ご関心ある方々のご参加をお待ちしております。

2. 日時及びプログラム

日時:平成30年3月9日(金曜日)13時30分~17時00分(開場:13時00分)
場所:経済産業省 講堂(東京都千代田区霞が関1-3-1 経済産業省本館 B2F)
   ※開催場所が「経済産業省 講堂」に変更になりました。
主催:環境省、経済産業省
定員:240名
参加費:無料

<プログラム(予定)>

GCF活用に向けた政府の取組(開会挨拶 経済産業省、外務省、環境省
GCFの概要、採択案件、活用パターン みずほ情報総研
GCFの事業方針 GCF事務局
国内認証実施機関※の取組方針、
日本企業との連携方針
JICA、三菱東京UFJ銀行
途上国ニーズを踏まえた案件形成に向けて 国連開発計画、みずほ情報総研
(一社)海外環境協力センター
(公財)地球環境センター 他

※認証実施機関とは、GCF資金を支援プロジェクトに投入する仲介機能に加え、自らの資金等も活用しながら、GCFに対して資金要請を行う機能・役割を有する機関。国際機関、地域機関、国家機関等の公的機関に加え、民間企業やNGOもその対象となっている。
※終了後、17時40分頃まで名刺交換、意見交換が可能。

3. 会場

経済産業省 講堂(東京都千代田区霞が関1-3-1 経済産業省本館 B2F)
※開催場所が「経済産業省 講堂」に変更になりました。

4. 参加申し込み方法、期限

平成30年3月8日(木曜日)
※件名を「GCF説明会参加希望」とし、メール本文にお名前・ご所属・E-mailを明記の上、こちらにお送りください。

5.お問い合わせ先

緑の気候基金説明会 参加登録事務局
株式会社ピーシーオーワークス 西村・大久保
〒101-0048東京都千代田区神田司町2-4-2神田アーバンビル2階

担当

産業技術環境局 地球環境対策室長 平林
担当者:西川、北村、高澤
03-3501-7830(直通)
03-3501-3560(FAX)

公表日

平成30年2月9日(金)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.